Fandom


パファー・ピッグ(Puffer pig)は貴重な鉱物を嗅ぎ当てることができるブタ型の非知覚種族である。機械を使わずに鉱業スキャナーと同じ役割を果たせるため、隠れて違法な鉱業活動を行う者たちに重宝された。

特徴

パファー・ピッグは哺乳類[2]ブタ型クリーチャーで、丸々とした小さな体に大きな丸い、突き出したを持ち、背中に角が並んでいた。パファー・ピッグは一見しただけでは特に印象的な動物ではないが、怯えたときに体を3倍以上に膨らませる能力を持っていた。またパファー・ピッグの一番の才能は、貴重な鉱物を嗅ぎ分けることができる嗅覚で[4]鉱業用スキャナー10個分以上もの働きをすることができた。[1]

歴史

帝国時代に鉱業が規制された際、機械を使わず鉱物が探せるパファー・ピッグが重宝され、闇市場で取り引きされるようになった。[4] またマイニング・ギルドはこの動物に高値をつけていることで知られた。[3] 4 BBY銀河的起業家を自称するランド・カルリジアンは、ロザルで活動するスペクターズの助けを借り、犯罪王アズモリガンからパファー・ピッグを騙し取った。アズモリガンは手下を引き連れてロザルにあるカルリジアンの農場にやってきたが、スペクターズによって撃退された。[1]

1 BBY、スペクターズは帝国の封鎖下にあるロザルに侵入するため、犯罪王シカトロ・ヴィザーゴにパファー・ピッグ数匹を支払い、自分たちの密輸を頼んだ。ジョザルの街に降りた後、ラサットの反乱者ガラゼブ・オレリオスがこの動物たちを脅かして膨張させ、帝国軍の足止めに利用した。ヴィザーゴも一緒に逃げ出そうとしたが、まだ肥大化していないパファー・ピッグを持ち出そうとして膨らませてしまい、逃げ遅れた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。