Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「パレオン艦長に繋げ」
「ハイパースペースからいきなり……見たこともない……」
スローン大提督とパレオン[出典]
パレオン(Pellaeon)はスローン大提督が率いる銀河帝国帝国宇宙軍第7艦隊に仕えた男性。

銀河内戦が勃発する直前、彼は惑星ロザルの封鎖に参加した。ロザル抵抗勢力スペクターズによるロザルの解放作戦中、パレオンはスローンに呼び出されたが、パーギルによってその通信はすぐに切断された。

経歴

パレオンは帝国宇宙軍第7艦隊艦長として仕えた帝国士官である。[1]銀河内戦が勃発する直前、パレオンはスローン大提督と共に惑星ロザルを封鎖し、エズラ・ブリッジャー率いる現地の反乱勢力スペクターズによる解放運動に対抗した。[1]

ロザルの解放運動のさなか、パレオン含む第7艦隊は謎の飛行物体からの襲撃を受けた。[1] スローンは味方艦の反応が消失した理由を尋ねるためパレオンを呼び出した。[1] パレオンは途切れ途切れの通信の中でハイパースペースから突如謎の物体が現れたことをスローンに告げたものの、全容を伝えることはできずに通信が切断された。[1] 謎の飛行物体の正体はエズラ・ブリッジャーによって呼び出されたパーギルの群れであった。[1]

その後、パーギルはスローンとエズラ・ブリッジャーを伴ってハイパースペースにジャンプし、ロザルの帝国軍は司令官を失って瓦解した。[1] 銀河帝国はロザルを失い、二度とロザルに侵攻することはなかった。[1]

制作の舞台裏

パレオンはSF作家ティモシイ・ザーンによって生み出されたキャラクターである。初登場作品は1991年に発売されたスター・ウォーズ レジェンズ小説帝国の後継者』。ザーンが手掛けた“スローン3部作”に加え、多くのレジェンズ小説、コミック、ゲームおよび設定資料集に登場している。ただし、レジェンズにおいてパレオンはペレオンと訳出された。正史設定では2017年秋に放送開始されたアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン4の最終話『家族の再会 - そして別れ』が初登場作品となった。『反乱者たち』において、パレオンはジム・カミングスが演じた。カミングスは『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ(TVシリーズ)』や『反乱者たち』において、ホンドー・オナカーを演じた人物である。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。