Fandom


「今の私は銀河一幸せなパロウィックよ」
サイ・スヌートルズ[出典]

パロウィック(Pa'lowick)は丸い胴体と細長い手足が特徴の爬虫類型知覚種族である。沼地の惑星ロウィックに起源を持つ。黄色い肌に青い斑点模様があり、目と口が顔面から大きく突き出していた。マックス・レボ・バンドのリード・シンガーであるサイ・スヌートルズはパロウィックの女性だった。

生態と特徴

パロウィックは丸い胴体と細長い手足、突き出たふたつの眼柄、唇柄が特徴の[3] ヒューマノイド型爬虫類知覚種族である。[2] 細長い口の付け根のあたりには2つ目の口があり、伸縮自在の牙が突き出ていた。パロウィックは沼の惑星ロウィック出身で、沼地で周囲の環境に溶け込むために肌にまだら模様が入っていた。また、浅い湖の上を歩くため、細長い脚の先の指は前後に向かって生えていた。パロウィックは肺活量が多く、泳いだり歌うのに向いていた。[3] パロウィックは心臓の代わりに[5] 流体袋という名の器官を持っていた。[6]

銀河系におけるロウィック

パロウィックの女性、サイ・スヌートルズ銀河共和国から銀河帝国の時代にかけて人気のシンガーとして活動し、クローン戦争中に一時的に賞金稼ぎをしたこともあり[7]ハット・クランスパイという裏の顔があった。[4] その後、スヌートルズは歌手としてのキャリアに集中し、マックス・レボ・バンドの設立に携わる。[7] 帝国時代アウター・リム・テリトリー惑星ロザルでは、名称不明のパロウィックがモナド・アウトポストで開かれる違法スポーツ、グラディエーター・ナイトのアナウンサーを務めていた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。