Fandom


Stormtrooper power cells

ストームトルーパーのパワー・セル

パワー・セル(Power cell)、あるいはパワー・パック(Power pack)はドロイドスターシップブラスターなどの機械に動力を供給するためのエネルギー蓄積装置である。

概要

パワー・セルはブラスター等の兵器のエネルギー源となっており、装弾数と継戦能力を左右する装置だった。ブラステック・インダストリーズ社E-11ブラスター・ライフルの場合、標準的なパワー・セルで最大100発の弾丸を発射することができた。[1]

帝国軍ストームトルーパーの標準装備には、小型のパワー・パックが含まれていた。このパワー・パックはアーマーヘルメットや背面プレート、通信装置、その他の実戦用装備にプラグインすることができ、複雑な回路に最大限のパワーを供給した。[2]

銀河系市民の中には、ライトセーバーフォースによって動力を供給されていると勘違いしている者も多かったが、実際はダイアチウム・パワー・セルなどの一般的な動力装置が用いられていた。ライトセーバーから放出されたビームは、カイバー・クリスタルが作り出すエネルギー・フィールドによって刃状になり、先端部でループして再び柄に戻ってくる仕組みになっていたため、小さなパワー・セルでも一見無限とも思えるパワーを生み出すことができた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。