Fandom


「コジマ」
―ナイトウォッチャー・ワーム[出典]

ヒデオ語(Hideo)はナイトウォッチャー・ワーム言語である。[2] 34 ABYに発生したトゥアナル襲撃の後、1匹のナイトウォッチャー・ワームが、ジャクー砂漠をさまようBB-8を見送りながら“コジマ”と発言した。[1][3]

制作の舞台裏

ヒデオ語は2015年公開のシークエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』で初登場を果たした、ナイトウォッチャー・ワームの言語である。[1] マシュー・ウッドが公式サイトStarWars.comに投稿したブログによれば、『フォースの覚醒』のナイトウォッチャーを担当した声優はロバート・スタンブラーであり、そのセリフは「コジマ」(Kojima)である。[3] 『フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督は小島秀夫監督と面識があり、ナイトウォッチャーの言語も小島監督へのオマージュと思われる。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。