Fandom


「C倉庫にキャノン弾が30パレット残っている」
「弾薬のことは忘れて。時間がないの。全員を輸送船に乗せなくては」
―ヒュートリン・ジョーンズとケイデル・コー・コニックス[出典]

ヒュートリン・ジョーンズ(Huetrin Jones)は人間男性で、ファースト・オーダーとの戦争の時代にレジスタンス宇宙軍に仕えた飛行士官である。階級は大尉34 ABYスターキラー基地の戦いが発生した後、ジョーンズは惑星ディカーにあるレジスタンス基地からの撤退活動に参加し、ケイデル・コー・コニックス中尉の手助けをした。ジョーンズはまだ倉庫にキャノン用の弾丸が残っていると指摘したが、コニックスは基地の人員を輸送船に乗せるのを優先するよう指示した。その直後、ファースト・オーダーのリサージェント級スター・デストロイヤーがディカーの上空に姿を現した。

経歴

「ジョーンズ、コンピュータ相手に射撃訓練をしてから、そこを出ろと廃棄チームに伝えて。ピージィ、燃料補給を優先して」
―ケイデル・コー・コニックス[出典]
Jones Connix evacuation

撤退活動を監督するジョーンズとコニックス

ヒュートリン・ジョーンズは[3] レジスタンス宇宙艦隊に仕える[2] 飛行士官[4]ファースト・オーダーとレジスタンスの戦争が繰り広げられていた時代、大尉の階級に就いていた。[2] 34 ABYにレジスタンスがスターキラー基地における戦いで勝利し、ファースト・オーダーの超兵器を破壊した直後[5]、ジョーンズはアウター・リム・テリトリー惑星ディカーに設置された[6] レジスタンス基地撤退活動を手伝った。[1]

ディカーからの退避が進む中、ジョーンズとケイデル・コー・コニックス中尉はレジスタンス基地の離着陸フィールドを歩いて見回り、撤退状況について話し合った。ジョーンズはC倉庫にまだキャノン用の弾丸が30パレット保管されたままだと報告したが、コニックスはもう時間が無いと答え、まだ基地に残っている人員をU-55軌道ロードリフターに乗せ、軌道に浮かぶレジスタンスの[1] MC85スター・クルーザー[7]ラダス>へ運び込む作業を最優先させた。[1]

コニックスが喋り終えるやいなや[1]、<ファイナライザー>と<フェルファイア>を含む[8] ファースト・オーダーのリサージェント級スター・デストロイヤー3隻がディカー星系に到着し、ジョーンズとコニックスの注意を引いた。[1] コニックスはファースト・オーダーが基地を制圧したらレジスタンスのデータバンクが敵のスライサードロイドに解析されるかもしれないと危惧し、コンピューターの破壊作業を監督するようジョーンズに指示した。[4] しかし彼女の心配は杞憂に終わり、ファースト・オーダーは基地を制圧せず、ドレッドノートフルミナトリックス>を使って基地を完全に爆破した。[1] ジョーンズはコニックスとともに最後のロードリフターを指揮し、<フルミナトリックス>による爆撃を免れてなんとか基地から脱出した。[3]

個性と特徴

ヒュートリン・ジョーンズは白人種の人間男性で、は茶色、は青く、髭を生やしていた。[1] 彼はブリスモス繊維が使われた茶色の軍服チュニック[9] を身に着け[1]、レジスタンス宇宙軍大尉を示す[2] 階級バッジを左胸につけていた。[1]

制作の舞台裏

ジョーンズ: 「C倉庫にキャノン弾が三十パレット残っている」
コニックス: 「完了予想時間は?」
PZ-4CO: 「約九十分です」
コニックス: 「九十分なんて時間はない。九分もないかも。キャノン弾と残りの備蓄のことは忘れて」
―映画とは異なる小説版での会話[出典]
Jack Greenlees

ジョーンズを演じたジャック・グリーンリース

ヒュートリン・ジョーンズは2017年12月15日に公開されたライアン・ジョンソン脚本・監督によるシークエル・トリロジー第2作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。ジョーンズは本作で最初に台詞を発するキャラクターである。俳優はジャック・グリーンリースで、“レジスタンス撤退活動将校”(Resistance Evacuation Officer)としてエンドロールにクレジットされている。[1]

2018年に発売されたジェイソン・フライによる『最後のジェダイ』の小説版で初めて「ジョーンズ」という名前が判明した。小説版では映画と少し状況が異なり、ジョーンズはファースト・オーダーが到着する直前ではなく到着後にコニックスに話しかけており、その場にプロトコル・ドロイドPZ-4COも居合わせている。[4] またファーストネームの「Huetrin」は2019年に発売された設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて明かされた。翌年に発売された本書の翻訳版ではニュートリンと表記されており、誤記の可能性がある。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。