FANDOM


ヒラング・ビレン(Hirang Birren)はニソーン男性で、銀河帝国時代に活動したクルーズ船タレントのスカウト業者である。10 BBY、ビレンは寒冷惑星ヴァンドアにて、クリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスが所有するスター・ヨットファースト・ライト>に乗り込んだ。その際、ビレンは歌手オーロディア・ヴェンタフォリルレオ・プリモックのパフォーマンスを鑑賞し、自らも不本意ながらさえずるようなしゃがれ声で歌に参加することになった。

経歴

銀河帝国時代ニソーン男性のヒラング・ビレンはクルーズタレントのスカウト業者として働いていた。10 BBY[1]、ビレンは寒冷惑星ヴァンドアにて、犯罪組織クリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスが所有する個人用ヨットファースト・ライト>に乗り込み、船内で開かれたパーティーに参加した。[2]

<ファースト・ライト>の船内にて、ビレンは歌手オーロディア・ヴェンタフォリルレオ・プリモックらによる音楽パフォーマンスを鑑賞し、自らも不本意ながらさえずるようなしゃがれ声で歌に参加した。[1] パーティーの最中、人間の女性と腕を組んで飲み物を飲んでいたとき、ビレンはヨットの[2] 眺望プラットフォーム[1] で若きハン・ソロとすれ違った。その際、ビレンはプラットフォームの窓のそばに立ち、女性と会話していた。[2]

個性と特徴

ビレンはニソーン種族の男性で、音楽に敏感なを持っていた。彼の肌は茶と緑色で、黒いを持ち、頭部には茶色い羽のとさかが生えていた。[1]

装備

ヨット<ファースト・ライト>を訪れた際、ビレンは黄色いシャツと黒いジャケット、黒いパンツシューズを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

Maverick 015 Version 1A

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のために制作されたニソーンのコンセプト・アート

ヒラング・ビレンは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するモブキャラクターの1人である。[2] 俳優はブライアン・ヘリング[3] 映画制作に際し、ルーク・フィッシャーがニソーン種族のコンセプト・アートを描いた。[4] ビレンの演技用マスクの構造はクリス・クラークによって作成され、クラーク自身がセットでマスクの顔の動きを操作した。マスクの視界が非常に狭かったため、ヘリングはパペット師のコリン・パーヴィスからイヤーピース越しに指示をもらって撮影に臨んだ。[3]

このキャラクターは映画のセットでは“パロット・マン”(Parrot man)と呼ばれていた。[3] キャラクターの名前は映画公開日に発売された設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて明かされた。[1] 名前はアクターであるヘリングの名前のアナグラムになっている。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。