Fandom


「グレガー、ジューパを捨てろ。急ぐぞ!」
「ああ、もう。バイバイ、ビッグ・ボンゴ」
―レックスとグレガー[出典]

ビッグ・ボンゴ(Big Bongo)は惑星シーロスの地殻に住んでいた巨大なジューパの名前。帝国時代、老クローン兵士グレガーレックスウォルフと一緒にシーロスで隠遁生活を送り、改造型AT-TEウォーカーを移動拠点にしながら、ビッグ・ボンゴの狩りに情熱を燃やした。

スペクターズがシーロスにやって来た時、グレガーは初期反乱運動に役立つ情報と引き換えに、ジューパ狩りを手伝ってほしいと持ち掛けた。グレガーはラサットガラゼブ・オレリオスを“餌”にしてビッグ・ボンゴを誘い出し、ジェダイケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーエレクトロスタッフで地下に電撃を送った。巨大ジューパが地表に姿を現すと、レックスがAT-TEのキャノンで止めを刺した。老クローンたちはビッグ・ボンゴをAT-TEの側面に積んだが、間もなくエージェントアレクサンドル・カラス率いる帝国軍がシーロスに姿を現し、クローンたちは機体を身軽にして逃げるため止むを得ず獲物を捨てた。

ヤヴィンの戦いの約2年前、オレリオスのスーツの左胸部分には、彼がシーロスで遭遇したジューパのイラストが描き込まれていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。