Fandom


Star Wars The Rise of Skywalker

“ネタバレの予感がする……”

警告! このページには 『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレが含まれています。閲覧時にはご注意下さい。

ファイナル・オーダー(Final Order)は銀河皇帝にしてシスの暗黒卿シーヴ・パルパティーン未知領域惑星エクセゴルで指揮していた、シス・エターナルの神権政府である。彼らの目標は帝国の再建と皇帝の復讐を果たすことであり、最高指導者スノークが率いたファースト・オーダーは、計画の手始めに過ぎなかった。皇帝の信奉者たちは、単体で惑星を破壊できる火力を備えたジストン級スター・デストロイヤーからなるシス艦隊をエクセゴルで築き上げ、行動を起こす時を待った。[1]

35 ABY、ファイナル・オーダーは初めて表舞台に姿を現し、銀河系に皇帝の復讐を宣告した。またパルパティーンはスノークを殺したカイロ・レンに最後のジェダイレイの抹殺を依頼し、そのあかつきにはシス艦隊の指揮権を与えると告げた。しかしカイロはしばらくしてファースト・オーダーを去り、代わりにエンリック・プライド元帥がシス艦隊の指揮を任された。シス艦隊の出動が目前に迫っていた時、ファイナル・オーダーはエクセゴルの戦いでレジスタンスとその支援者の大軍に破れ、皇帝もレイによって滅ぼされた。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。