Fandom


「ブライバシー侵害強化法案の投票を前に、ファイロ議員がロビーで会合を呼びかけている」
ベイル・オーガナ[出典]

ファイロ(Philo)はグラン男性で、銀河共和国時代末期の元老院議員である。クローン戦争中、彼は銀河元老院プライバシー侵害強化法案に反対の立場をとっていた。21 BBY、法案の投票が始まる直前、ファイロは意見を同じくする議員グループ(ベイル・オーガナパドメ・アミダラオナコンダ・ファーリヨ・チューチーキン・ロブら)を集め、元老院オフィス・ビルイースト・ウイングで会合を開いた。話し合いの途中、彼らは賞金稼ぎキャド・ベイン率いる傭兵グループに包囲され、ハット犯罪王ズィロ・デシリジク・ティウレを釈放するための人質にされる。ファイロは賞金稼ぎを相手にひるむことなく抗議し、その場から歩み去ろうとしたが、ベインによって射殺された。

制作の舞台裏

ファイロ議員はTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』のエピソード『人質』に登場するキャラクターである。彼はベイル・オーガナやパドメ・アミダラの盟友的な立ち位置だが、同作の日本語吹き替え版では翻訳のニュアンスによってまるで政敵のように表現されている。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。