Advertisement

ファウンドリング

「孤児のためにとっておいてくれ」
「もちろんいつもそうしている。孤児たちは未来よ」
ディン・ジャリンアーマラー[出典]
The Mandalorian Child.png
ディン・ジャリンは孤児としてマンダロリアンになった

ファウンドリング孤児(Foundling)とは、マンダロリアンとして生まれたわけでは無いが、彼らの文化を受け入れてマンダロリアンとなった者を指す言葉である。“民族”の一員である賞金稼ぎディン・ジャリンも、惑星マンダロア出身ではなかったが、クローン戦争中に独立星系連合の攻撃を受けて両親を失った後、デス・ウォッチの兵士に命を救われ、ファウンドリングとしてマンダロリアンに加わった。

歴史

「これだけふんだんにあれば、残りを孤児たちの援助に回せる」
「それは良い。俺も孤児だった」
―アーマラーとディン・ジャリン[出典]

マンダロリアン惑星マンダロアの出身者に限られず、中にはファウンドリングとして育ち、彼らの教義を受け入れることでマンダロリアンとなった者もいた。ディン・ジャリンもそのひとりであり、彼はクローン戦争で両親を失って孤児となり、マンダロリアンの“民族”に加わった。[1]

9 ABY当時、賞金稼ぎギルドのメンバーとして活動していたディン・ジャリンは、手に入れた賞金を“アーマラー”に差し出してマンダロリアン・アーマー等の装備類を作ってもらう際に、余った報酬はファウンドリングの援助に回してもらっていた。帝国軍残存勢力の“クライアント”から任務の手付金としてベスカーのインゴットをひとつ受け取った後、ジャリンはアーマラーにポールドロンを作ってもらい、余剰分はファウンドリングのために回された。[2] またこの任務に成功し、カムトノいっぱいのベスカーを手に入れた際、ジャリンはファウンドリングのためにとっておいてほしいとアーマラーに頼んだ。[3]

ジャリンがクライアントとの取り引きを破り、一度は引き渡したエイリアンの幼児“ザ・チャイルド”を誘拐したため、惑星ネヴァロにある“民族”の隠れ家帝国軍残存勢力の攻撃を受けて多くの犠牲者が出ることになってしまった。その後アーマラーは、ザ・チャイルドを自分のファウンドリングとして面倒を見るようジャリンに言い渡し、ジャリンとその子で“2人の氏族”であると告げた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。