Fandom


ファズマのバトン(Phasma's baton)はファースト・オーダーキャプテンファズマが所有した、クイックシルバーの警棒である。

特徴

キャプテンファズマ近接戦闘用の武器として所有したクイックシルバーのバトンは、折りたたみ式のマイクロメッシュ・マトリックスでできており、高い耐久性を誇った。このシリンダーは密閉フィールドのなかに保持され、起動されていない状態では短く縮み、起動すると即座に最長状態に変化した。またバトンの先端部分も、密閉フィールドによって鋭い切っ先が形作られていた。[2]

歴史

Captain Phasma Stormtrooper Leader SWD

バトンを持つファズマ

ストームトルーパーのキャプテンとしてファースト・オーダーに仕えたファズマは、クイックシルバーのバトンを近接武器として所有していた。ファズマは未開の惑星パナソス出身であり、伝統的な近接武器を使った戦闘能力は、彼女の出自を物語っていた。[2]

34 ABY、ファースト・オーダーのメガ級スター・ドレッドノートスプレマシー>がレジスタンススター・クルーザーラダス>の突撃を受けて真っ二つに破壊された後、ファズマは炎上するハンガー・ベイでストームトルーパーの脱走兵フィン対決を繰り広げた。ファズマはZ6暴動鎮圧用警棒を持つフィンをバトンで圧倒し、ハンガーの端から突き落とした。しかしフィンは上昇するターボリフトに落ちて助かり、暴動鎮圧用警棒の一撃でファズマを床に倒した。その直後、ハンガーが崩落し、ファズマとそのバトンは爆炎のなかへ落下していった。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。