Fandom


「レジスタンスの基地に全軍を差し向けろ。片をつけてやる」
カイロ・レン[出典]

ファースト・オーダー地上軍(First Order army)はファースト・オーダー軍隊の地上戦闘部門である。旧銀河帝国帝国地上軍の残党をもとに形成され、ファースト・オーダーが未知領域を段階的に征服・植民地化していく過程で、秩序の維持に務めた。帝国と同じく、ファースト・オーダーの地上軍にもストームトルーパーと呼ばれる歩兵ユニットが存在し、数々のウォーカー兵器やビークルが使用された。

歴史

起源

銀河帝国ジャクーの戦い新共和国に敗れ、銀河協定と呼ばれる和平条約が締結された後、一部の帝国軍将校未知領域に姿を消し、やがてファースト・オーダーと呼ばれる新政府とその軍隊が組織された。[2] ファースト・オーダー地上軍[6] は旧帝国における地上戦闘部門である帝国地上軍をもとに組織され[4]宇宙軍とならんでファースト・オーダー軍を形成した。ファースト・オーダーが未知領域を段階的に植民地化していく過程で、地上軍は新たに支配下に置かれた惑星の秩序維持に務めた。[2]

冷戦

「けだものどもが、来た」
マズ・カナタ[出典]
Flametroopers destroy Tuanul

トゥアナルを襲撃するファースト・オーダー地上軍

冷戦の時代、ファースト・オーダーのストームトルーパー銀河系の各地でレジスタンスと小競り合いを繰り広げた。[1][4][7] 34 ABY、ファースト・オーダーの支配下にある小惑星プレッシーの混乱”で鉱山労働者のストライキが発生した際、キャプテンファズマ率いるストームトルーパーが現地の採掘コロニーへ赴き、ファースト・オーダーに楯突いた労働者の粛清を行った。[4]

34 ABY、カイロ・レンとキャプテン・ファズマ率いるストームトルーパー部隊が、ロア・サン・テッカからルーク・スカイウォーカーの地図を手に入れるため、惑星ジャクー聖なる村トゥアナル襲撃した。カイロ・レンがサン・テッカを殺し、レジスタンス・パイロットポー・ダメロンを捕虜にとった後、ストームトルーパーはレンの命令で残りの村人を虐殺した。ストームトルーパーのFN-2187はこの事件をきっかけにファースト・オーダーからの離反を決意し、ダメロンの逃亡を手助けした。またFN-2187は“フィン”と名を変え、ジャクーのゴミ漁りレイとともに、スカイウォーカーの地図を持つアストロメク・ドロイドBB-8をジャクーから脱出させた。[1]

ThisIsTotallyNotHothAndJakkuIsNotTatooine-TFAT2-4KPub

スターキラー基地で整列するストームトルーパー

新共和国の首都ホズニアン・プライムに対する攻撃に際し、アーミテイジ・ハックス将軍がスピーチを行った際、ファースト・オーダー地上軍および宇宙軍の人員と兵器がスターキラー基地のプラットフォームで整列し、将軍の演説を聞いた。大勢の兵士たちが見守る中、スターキラー基地はダーク・エネルギーのビームでホズニアン星系砲撃し、新共和国の元老院本国艦隊を滅ぼした。それから間もなく、カイロ・レン率いる地上軍の師団が惑星タコダナにあるマズ・カナタ攻撃した。またファースト・オーダーはスターキラー基地の戦いで甚大な軍事的損失を被った。[1]

新たなる戦争

「地上部隊、到着」
カルアン・イーマット将軍[出典]

歩兵

ビークル

ウォーカー

リパルサーリフト

登場エピソード

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団 - アテンダンツ
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - ガンナー - ロケット・トルーパー - シス・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - トレッドスピーダー - TIE/es - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - TIEウィスパー (改造型) - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。