Fandom


フィフス・ブラザーのライトセーバー(Fifth Brother's lightsaber)はフィフス・ブラザーと呼ばれる尋問官が使用したダブル=ブレード回転式ライトセーバーである。他の尋問官のライトセーバーと同様、2本の刃を回転する機能があり、頭上に掲げればプロペラにして空を飛ぶことができた。

特徴

このライトセーバーは円筒状の柄とそれを囲むリングから成っており、2つあるブレードの放出口をリング沿いに回転させることができた。フィフス・ブラザーを始めとするジェダイ・ハンター尋問官たちは、ライトセーバーの回転機能で敵を怯ませると同時に、正面攻撃の防御にも役立てていた。しかし<ソヴリン>におけるケイナン・ジャラス大尋問官の対決で明らかになったように、この種のライトセーバーはリング部分への直接攻撃で破壊されやすいという弱点があった。

ダブル=ブレード回転式ライトセーバーの使用者は刃を2本とも起動して頭上に掲げることで、ヘリコプターのように空を飛ぶことができた。

歴史

Fifth threatens Sabine

サビーヌ・レンに刃を突きつけるフィフス・ブラザー

このライトセーバーは尋問官のフィフス・ブラザーによって使用された。パウアンの大尋問官が<ソヴリン>で命を落とした後、フィフス・ブラザーとセヴンス・シスターシス卿ダース・ヴェイダーから反乱分子を討伐する任務を与えられた。2人の尋問官はケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーアソーカ・タノといった反乱軍所属のジェダイと複数回にわたりライトセーバー戦を繰り広げた。2人は反乱者との戦いで優位に立つこともあったが、最終的には毎回敵を取り逃がし、二刀流戦闘型を使うタノには全く歯が立たなかった。

ヤヴィンの戦いの3年前、フィフス・ブラザーのライトセーバーは惑星マラコアで失われた。フィフス・ブラザー、セヴンス・シスター、エイス・ブラザーはこの惑星でジェダイの反乱者や元シス卿モールと遭遇し、厳しい戦いを強いられた。フィフス・ブラザーはタノにライトセーバーを破壊され、その直後にモールによって止めを刺された。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。