Fandom


(経歴:clean up, replaced: [[銀河大戦| → [[銀河大戦/レジェンズ|)
(登場エピソード:clean up, replaced: ==登場作品== → ==登場エピソード==)
 
(1人の利用者による、間の5版が非表示)
1行: 1行:
{{Eras|new}}{{DEFAULTSORT:ふいいなたすたのくろおん}}
+
{{Eras|new}}
 
{{Conjecture}}
 
{{Conjecture}}
{{カタカナ(CE)}}
+
{{Character|type=Galactic Empire
{{Galactic Empire character infobox
 
 
|image=[[File:Feena.jpg|250px]]
 
|image=[[File:Feena.jpg|250px]]
 
|name=フィーナ・ダスタのクローン
 
|name=フィーナ・ダスタのクローン
22行: 22行:
   
 
}}
 
}}
'''フィーナ・ダスタのクローン'''('''Clone of Feena D'Asta''')は、本物の[[フィーナ・ダスタ]]に代わって[[帝国ルーリング・サークル]]やその後の暫定評議会に潜入した。彼女は暫定評議会で[[サンデル・カリヴァス]]と対立し、逮捕される。彼女を実の娘と思い込んだ[[男爵|バロン]]・[[レイジズ・ダスタ]]は、[[オード・カントレル]]でカリヴァスと戦った。本物のフィーナが死んだ後、バロン・ダスタは彼女を実の娘として迎えた。
+
'''フィーナ・ダスタのクローン'''(Clone of Feena D'Asta)は、本物の[[フィーナ・ダスタ]]に代わって[[帝国ルーリング・サークル]]やその後の暫定評議会に潜入した。彼女は暫定評議会で[[サンデル・カリヴァス]]と対立し、逮捕される。彼女を実の娘と思い込んだ[[男爵|バロン]]・[[レイジズ・ダスタ]]は、[[オード・カントレル]]でカリヴァスと戦った。本物のフィーナが死んだ後、バロン・ダスタは彼女を実の娘として迎えた。
 
==経歴==
 
==経歴==
 
本物の[[フィーナ・ダスタ]]は、父親[[男爵|バロン]]・[[レイジズ・ダスタ]]が[[帝国ルーリング・カウンシル]]から退いた際、後継者として評議会メンバーになった。ルーリング・カウンシルに潜入しようとしていた犯罪シンジケート、[[ブラック・サン]]は、評議員の一部を誘拐して[[クローニング/レジェンズ|クローン]]の偽物と入れ替えた。フィーナ・ダスタも誘拐され、クローンのダスタが評議会に入り込んだ。
 
本物の[[フィーナ・ダスタ]]は、父親[[男爵|バロン]]・[[レイジズ・ダスタ]]が[[帝国ルーリング・カウンシル]]から退いた際、後継者として評議会メンバーになった。ルーリング・カウンシルに潜入しようとしていた犯罪シンジケート、[[ブラック・サン]]は、評議員の一部を誘拐して[[クローニング/レジェンズ|クローン]]の偽物と入れ替えた。フィーナ・ダスタも誘拐され、クローンのダスタが評議会に入り込んだ。
   
クローンのフィーナ・ダスタは、ルーリング・カウンシルで[[カノア・ジャックス]]の陰謀にかかわった。陰謀によってクローンの[[銀河皇帝/レジェンズ|皇帝]][[パルパティーン]]を[[オンダロンの戦い(銀河戦)|破滅]]させたジャックスは、[[帝国ルーリング・カウンシル#帝国暫定評議会|暫定評議会]]が統治する[[クリムゾン・エンパイア]]を形成する。ダスタのクローンは、評議会で[[新共和国/レジェンズ|新共和国]]との[[銀河戦/レジェンズ|戦争]]を終結させるべきだと発言した。[[バー・ノライズ]]評議員[[アサシン|暗殺]]の容疑をかけられたダスタのクローンは、評議会メンバーの[[サンデル・カリヴァス]]に[[不信任案]]を提出したが、反逆罪で逮捕される結果に終わった。
+
クローンのフィーナ・ダスタは、ルーリング・カウンシルで[[カノア・ジャックス]]の陰謀にかかわった。陰謀によってクローンの[[銀河皇帝/レジェンズ|皇帝]][[パルパティーン]]を[[オンダロンの戦い(銀河戦)|破滅]]させたジャックスは、[[帝国ルーリング・カウンシル#帝国暫定評議会|暫定評議会]]が統治する[[クリムゾン・エンパイア]]を形成する。ダスタのクローンは、評議会で[[新共和国/レジェンズ|新共和国]]との[[銀河戦/レジェンズ|戦争]]を終結させるべきだと発言した。[[バー・ノライズ]]評議員[[アサシン|暗殺]]の容疑をかけられたダスタのクローンは、評議会メンバーの[[サンデル・カリヴァス]]に[[不信任案]]を提出したが、反逆罪で逮捕される結果に終わった。
   
 
彼女を実の娘だと思い込んでいるバロン・ダスタは、[[オード・カントレル]]の[[オード・カントレルの戦い|戦い]]でカリヴァスを攻撃し、彼女を解放させた。しかしそこに、[[キア・ケイノス]]や[[マイリス・シン]]とともに解放された本物のフィーナが現れた。この戦いはカリヴァスの[[死/レジェンズ|死]]によって終わり、バロンは帝国から[[ダスタン宙域]]を撤退させた。その後、本物のフィーナ・ダスタが死んだ後、バロンはクローンのダスタを実の娘として養子に迎えた。
 
彼女を実の娘だと思い込んでいるバロン・ダスタは、[[オード・カントレル]]の[[オード・カントレルの戦い|戦い]]でカリヴァスを攻撃し、彼女を解放させた。しかしそこに、[[キア・ケイノス]]や[[マイリス・シン]]とともに解放された本物のフィーナが現れた。この戦いはカリヴァスの[[死/レジェンズ|死]]によって終わり、バロンは帝国から[[ダスタン宙域]]を撤退させた。その後、本物のフィーナ・ダスタが死んだ後、バロンはクローンのダスタを実の娘として養子に迎えた。
   
== 舞台裏 ==
+
==制作の舞台裏==
フィーナ・ダスタのクローンは、[[マイク・リチャードソン]]と[[ランディ・ストラドリー]]による[[コミック・ブック]]・シリーズ、『[[Crimson Empire|Crimson Empire II]]』で初登場を果たしたキャラクターである。
+
フィーナ・ダスタのクローンは、[[マイク・リチャードソン]]と[[ランディ・ストラドリー]]による[[スター・ウォーズのコミック|コミック・ブック]]・シリーズ、『[[Crimson Empire|Crimson Empire II]]』で初登場を果たしたキャラクターである。
   
==登場作品==
+
==登場エピソード==
 
{{imagecat|フィーナ・ダスタ(クローン)の画像}}
 
{{imagecat|フィーナ・ダスタ(クローン)の画像}}
 
*Crimson Empire II: Council of Blood 1 {{1st}}
 
*Crimson Empire II: Council of Blood 1 {{1st}}
43行: 43行:
 
*Crimson Empire III: Empire Lost 6
 
*Crimson Empire III: Empire Lost 6
   
==参考資料==
+
{{interlang
*{{W|Feena_D'Asta_(clone)}}
+
|en=Feena_D'Asta_(clone)
  +
}}
  +
{{DEFAULTSORT:ふいいなたすたのくろおん}}
 
{{暫定評議会}}
 
{{暫定評議会}}
 
[[カテゴリ:人間のクローン]]
 
[[カテゴリ:人間のクローン]]

2018年3月24日 (土) 08:11に更新

Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

フィーナ・ダスタのクローン(Clone of Feena D'Asta)は、本物のフィーナ・ダスタに代わって帝国ルーリング・サークルやその後の暫定評議会に潜入した。彼女は暫定評議会でサンデル・カリヴァスと対立し、逮捕される。彼女を実の娘と思い込んだバロンレイジズ・ダスタは、オード・カントレルでカリヴァスと戦った。本物のフィーナが死んだ後、バロン・ダスタは彼女を実の娘として迎えた。

経歴編集

本物のフィーナ・ダスタは、父親バロンレイジズ・ダスタ帝国ルーリング・カウンシルから退いた際、後継者として評議会メンバーになった。ルーリング・カウンシルに潜入しようとしていた犯罪シンジケート、ブラック・サンは、評議員の一部を誘拐してクローンの偽物と入れ替えた。フィーナ・ダスタも誘拐され、クローンのダスタが評議会に入り込んだ。

クローンのフィーナ・ダスタは、ルーリング・カウンシルでカノア・ジャックスの陰謀にかかわった。陰謀によってクローンの皇帝パルパティーン破滅させたジャックスは、暫定評議会が統治するクリムゾン・エンパイアを形成する。ダスタのクローンは、評議会で新共和国との戦争を終結させるべきだと発言した。バー・ノライズ評議員暗殺の容疑をかけられたダスタのクローンは、評議会メンバーのサンデル・カリヴァス不信任案を提出したが、反逆罪で逮捕される結果に終わった。

彼女を実の娘だと思い込んでいるバロン・ダスタは、オード・カントレル戦いでカリヴァスを攻撃し、彼女を解放させた。しかしそこに、キア・ケイノスマイリス・シンとともに解放された本物のフィーナが現れた。この戦いはカリヴァスのによって終わり、バロンは帝国からダスタン宙域を撤退させた。その後、本物のフィーナ・ダスタが死んだ後、バロンはクローンのダスタを実の娘として養子に迎えた。

制作の舞台裏編集

フィーナ・ダスタのクローンは、マイク・リチャードソンランディ・ストラドリーによるコミック・ブック・シリーズ、『Crimson Empire II』で初登場を果たしたキャラクターである。

登場エピソード編集

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはフィーナ・ダスタ(クローン)に関する3枚の画像があります。
  • Crimson Empire II: Council of Blood 1 (初登場)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 2
  • Crimson Empire II: Council of Blood 3
  • Crimson Empire II: Council of Blood 4 (言及のみ)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 5 (言及のみ)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 6
  • Crimson Empire III: Empire Lost 6


帝国暫定評議会のメンバー
イモーデット · カノア・ジャックス · クールータ=ファイフ ·
サンデル・カリヴァス · ジェラタイ · タン・スターパイア · チアンク · ノリム・キム
バー・ノライズ · フィーナ・ダスタのクローン · マード・ウィンドコーラー
マノス · レッド・ウェッセル · ロン・バンジーア
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。