Fandom


この記事は反乱軍の母艦を扱っています。お探しの記事は他のフェニックス・ホームリベレーターかもしれません。

<フェニックス・ネスト>(Phoenix Nest)、別名<フェニックス・ホーム>(Phoenix Home)、<リベレーター>(Liberator)はフェニックス戦隊惑星ライロス上空で銀河帝国から奪取したクエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアーである。ライロス星系における移動拠点として使用されていたが、奪取後は反乱軍のスターファイター空母になった。

歴史

ヤヴィンの戦いの3年前、フェニックス艦隊チャム・シンドゥーラ率いるライロス解放運動と手を結んで惑星ライロス上空に浮かぶ銀河帝国キャリアー強奪作戦を開始した。当初チャムは故郷に住むトワイレックの同胞のためにキャリアーを破壊するつもりだったが、娘のヘラ・シンドゥーラ反乱者たちに説得され、より大きな目的のために軍艦を無傷で確保することに決めた。反乱者たちの作戦は成功し、キャリアーの代わりに帝国軍軽クルーザーを撃破することでチャムの望みも果たされた。

反乱者たちが強奪したキャリアーは<フェニックス・ホーム>と名付けられ、Aウイングから成るフェニックス中隊旗艦になった。<ゴースト>のクルーが<フェニックス・ホーム>のためにホライズン基地燃料獲得任務を遂行していた時、反乱軍艦隊はカシウス・コンスタンチン提督率いる帝国宇宙軍によって攻撃された。反乱軍は当初ヨースト星系に逃げる予定だったが、コマンダージュン・サトーフェニックス・リーダーのヘラが在庫管理ドロイドAP-5から帝国の内部情報を入手し、直前になって目的地がアトロンに変更された。<フェニックス・ホーム>は反乱者たちから無事に燃料を受け取り、艦隊の他の船と一緒にハイパースペースへ飛び込んだ。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。