Fandom


フェニックス2(Phoenix Two)はフェニックス戦隊RZ-1 Aウイング・インターセプター部隊、フェニックス中隊で使われていたコールサインである。銀河帝国とのあいだに繰り広げられた初期の紛争で、複数名の異なる反乱軍パイロットがフェニックス2を担当した。

歴史

フェニックス2のコールサインは、フェニックス戦隊に属すRZ-1 Aウイング・インターセプター部隊、フェニックス中隊で少なくとも4 BBY以前から使用されていた。ロザル包囲戦のさなか、シス卿ダース・ヴェイダーがフェニックス艦隊攻撃した際、当時のフェニックス2はヴェイダーのTIEアドバンストx1によって撃墜された。[1] また、惑星アイバーへの支援作戦が行われた際、新しいフェニックス2が任務に参加していた。[2]

キャプテンヘラ・シンドゥーラがフェニックス中隊を率いてジャーニーマン・プロテクターとの交渉任務に赴いた際、フェニックス2のパイロットも彼女に従いコンコード・ドーン星系にジャンプした。交渉は失敗に終わり、フェニックス2はフェン・ラウファング・ファイター交戦することになった。[3]

それから間もなく、フェニックス艦隊が帝国宇宙軍と戦ったとき、フェニックス2のパイロットはCR90コルベットとのドッキングを試みたが、撃墜されてしまう。[4]

フェニックス戦隊がアトロンチョッパー基地を設立した後、フェニックス2のコールサインを使う反乱軍パイロットがサビーヌ・レンに報告を行い、基地の東側にセンサーを設置し終わったことを報告した。しかし、フェニックス6ダイサーはセンサー設置作業から戻らなかった。[5]

登場エピソード

脚注

フェニックス中隊コールサイン
フェニックス・リーダー · フェニックス1 · フェニックス2 · フェニックス3 · フェニックス4 · フェニックス5 · フェニックス6
[edit]
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。