Fandom


「言っただろ。オーラ・シングと組んでもロクなことはねえって」
キャスタスに対し、フォング・ドゥ[出典]

フォング・ドゥ(Fong Do)はノートラン男性で、賞金稼ぎキャスタスの友人。クローン戦争期、ドゥはコア・ワールド惑星コルサントアウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンなど、銀河系各地を渡り歩いていた。

経歴

コルサント

銀河共和国末期、フォング・ドゥはクラトゥイニアン賞金稼ぎキャスタスと親しく、銀河系各地のバーを一緒に訪れる仲だった。クローン戦争中の21 BBYコルサントに滞在していたドゥは、フローラムにいるキャスタスとホログラムを介して会話した。キャスタスはオーラ・シングと一緒にした仕事の愚痴をもらし、この仕事で得た有益な情報をドゥに教えようとした。しかし彼の裏切りに気づいたシングがその場でキャスタスをブラスターで撃ち殺したため、ホログラム通信が途絶えてしまった。[2]

それからしばらくして、ドゥはオナカー・ギャングに所属するウィークウェイ海賊と一緒にコルサント・アンダーワールドモシ・バーを訪れた。海賊にキャスタスのことを話していたとき、ドゥはジェダイパダワンアソーカ・タノが会話を盗み聞きしていることに気づき、ナイフを抜いて彼女を脅した。しかしタノはジェダイ・マスタープロ・クーンとともにライトセーバーを起動してドゥや酒場の客を牽制した。余計な争いを避けるため、タノは店の中にクレジット・インゴットをばらまき、客が金を奪い合っているすきに店から出ていった。[2]

タトゥイーン

同じ年、ドゥはアウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンを訪れた。パントランパパノイダ男爵とその息子アイオンが賞金稼ぎグリードを追って犯罪王ジャバ・ザ・ハット宮殿にやってきたとき、ドゥもその場に居合わせた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。