Fandom


「遠隔センサーがフダラ星系で異常なほど大規模な帝国軍の動きを探知した。あの一帯には目を引くようなものはない。帝国軍艦隊がなぜ集まっているのか知る必要がある。コロナ中隊の諸君。至急フダラ星系へ向かい、情報を集めてくれ」
ギアル・アクバー提督[出典]

フダラ星系の戦闘(Dogfight in the Hudalla system)はエンドアの戦い直前の4 ABYフダラ星系で発生した、共和国再建のための同盟銀河帝国の小規模な戦闘である。帝国艦隊の活動を偵察するためフダラ星系へ派遣されたコロナ中隊Xウイングが、サイエナ・リー中佐率いるTIEインターセプター部隊と交戦した。[2]

TIEの部隊を指揮したサイエナ・リー中佐は、偵察にやってきた敵機を少なくとも1機はあえて見逃すよう、ファーマス・ピエット提督から秘密の指令を受けていた。コロナ中隊はパイロットスマイクスを失ったが、サイエナが指令を達成するため同僚のナッシュ・ウィンドライダーの攻撃を故意に妨害したことにより、残りの隊員はハイパースペースへ脱出することができた。コロナ中隊が情報を持ち帰ったことにより、帝国は同盟軍艦隊エンドアに全力を投入するよう仕向けることに成功した。[2]

制作の舞台裏

フダラ星系における戦闘は、2015年に発売されたクラウディア・グレイによるヤング・アダルト小説『ロスト・スターズ』で初めて描かれた。小宮山優作による同作のウェブコミック版では、原作の描写をはるかに上回る規模の帝国艦隊がフダラ星系に集結している他、コロナ中隊と戦った戦闘機がTIEインターセプターではなくTIEファイターに置き換えられている。

登場エピソード

脚注

銀河内戦
銀河系のタイムライン

前:初期反乱運動 · ジェダイの粛清 · ジェダの反乱

同時期:パルチザンの反乱 · ライロスの反乱

次:冷戦

銀河内戦の戦い
0 BBY スカリフ · タトゥイーン(I) · マッド・ラッシュ作戦 (ヴァー・アシュファイア)
デス・スター · ヤヴィン
0 ABY タナブ · ヤヴィン4 · オルデラン難民 · シーアコン · ラニク
ローディア · フェックス · デノン · ペイシャー · オメレス
ギジュー · 第3ウサイタ星系 · デヴァロン · ティブリン
サイムーン1 · タトゥイーン(II) · モンスア星雲 · ナー・シャッダ
ヴロガス・ヴァス · コルサント(I) · サンスポット監獄 · ゴースト・ムーン
ハービンジャー · タリーンVII · スコリ=レイ
1 ABY ミッド・リム撤退戦 (ヘイドラル・プライム · コヤーティ · チョンセッタ星系 · レッドハーン星系)
3 ABY サンダーストライク · ホス (I) · クラウド・シティ (I) (II)
リングブレイカー作戦 (マードナIII · オバムボ · ナジャン=ロヴィ
ナカディア · ナートア · ザゴバ · クリクオ帯) · イニュス・トア
4 ABY イエロー・ムーン作戦 · インヴィンシブル・フェイス · タトゥイーン (III)
フダラ星系 · エンドア (I) · コルサント内戦 (モニュメント・プラザ)
エンドア (II) · カワ・シティ · シンダー作戦 (フォンドア · ヴァードス · ナブー)
タイロン · 鉄の封鎖 (ベスピン) · マラステア · アキヴァ (I) · ナーロル
ジオノーシス · ウイター · セヴァルコス · アキヴァ (II) · ベスピン
5 ABY ヴェタイン · タコダナ · ハイボリアンの月 · ヴォーラグ · ワイルド・スペース
ナグ・ユブデュア (ゴヴネ・リッジ · ビンジャイ=ティン) · アケニス · クワット
キャッシーク · シャンドリラ · チヌーク・ステーション · サラスト
ナブー包囲戦 · ジャクー
関連記事
銀河帝国 · 反乱同盟 · 新共和国 · シス · ジェダイ · ハット・クラン
デス・スター · 第2デス・スター · 帝国元老院の解散 · 災厄 · ロイヤル・アワード・セレモニー
アナキン・スカイウォーカーの葬儀 · 解放記念日 · 終末司令 · 帝国=新共和国和平会談 · 銀河協定
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。