Fandom


「フリスト船長に射撃開始を命じろ」
―オーソン・クレニック[出典]

フリスト(Frist)はクローン戦争期に銀河共和国宇宙軍に仕えた将校である。クローン戦争中、フリストは惑星ジオノーシスの上空で共和国艦隊の指揮官を務め、そこで行われていた最高機密の建造プロジェクトを防衛した。共和国の保護下にあったジオノージアンポグル・ザ・レッサー大公がプロジェクトを放棄して逃げ出した際、フリストはオーソン・クレニック少佐の命令で大公のスターシップに照準を定めたが、ハイパースペースへの逃亡を許してしまった。[1]

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。