Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「スピーダー・バイクを使って背後から回り込もう」
クローン・サージェントハンター[出典]

フリットノット・スピーダー・バイク(Flitknot Speeder Bike)、別名ジオノージアン・スピーダー(Geonosian Speeder)、分離主義勢力スピーダー(Separatist speeder)はクローン戦争期に独立星系連合が使用したスピーダー・バイクである。ジオノーシスの戦いのさなか、ドゥークー伯爵はフリットノットに乗って秘密の格納庫に向かった。

特徴

フリットノット・スピーダーに乗るドゥークー

フリットノット・スピーダーはフップラ・パサ・ティスク・シップライツ・コレクティブ社によって製造された全長3.2メートル(10フィート6インチ)のリパルサークラフトである。[1] 高速で機動性に優れ、銀河共和国ガンシップから逃げることもでき[2]、最高速は634キロメートル(394マイル)に達した。このスピーダー・バイクは偵察用に設計されていたため、兵器は搭載していなかった。フリットノット・スピーダーは1人乗りで、高度制御桿とフットホールド、スタビライザー・フィンが機体に付属し、手前のディスプレイで後方を確認することができた。[1] シンプルな設計だが、後方のエンジン部分が大きく設計されていた。2歩行種族に適していたが[2]、非ジオノージアンが使用するための改造モデルもあった。[1]

歴史

フリットノット・スピーダーは銀河共和国時代後期に使用された。[4] この機種には兵器が搭載されていなかったが、ジオノージアンのドローンはしばしばフリットノットで戦場へ出向き、手持ちのソニック・ブラスターで射撃を行った。[1] 独立星系連合の指導者であるドゥークー伯爵はフリットノットを気に入っていた。[2] 伯爵のスピーダーは非ジオノージアン用に改造されていた。また彼はスピーダーで移動する際にスターファイターの護衛を同行させることがあった。[1]

22 BBYに発生した第一次ジオノーシスの戦いのさなか、ドゥークーはフリットノット・スピーダーに乗ってソーラー・セーラーが駐機してある専用ハンガーへ向かった。彼は共和国グランド・アーミーLAAT/iガンシップに追跡されたが、護衛のナンテックス級領域防衛スターファイターに戦闘を任せて目的地を目指した。[4]

クローン戦争の終盤、惑星アナクセスに設置された独立星系連合の前哨基地に複数のフリットノット・スピーダーが駐機されていた。アナクセスの戦いのさなか、この基地はクローン・フォース99の隊員とキャプテンレックスARCトルーパージェシーらによって制圧された。クローン・フォース99の隊長であるクローン・サージェントハンターの提案で、ハンターとレッカーテクは奪ったフリットノット・スピーダーに乗って次の目標であるサイバー・センターの後方に回り込んだ。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement