Fandom


「ブラザーフッド・オブ・ダークネスでは、あらゆる者が平等だ」
スケア・カーン[出典]

ブラザーフッド・オブ・ダークネス[1]暗黒の同盟[1](Brotherhood of Darkness)は、銀河共和国暗黒時代の最後の10に隆盛を極めたシスの組織。元ジェダイ・マスターシスの暗黒卿スケア・カーンによって設立された。新シス帝国の有力な支配者たちを数多く滅ぼした後、ブラザーフッドは彼らにとって代わる存在となった。共和国の惑星を襲撃するために闇の軍勢(Dark Army)を組織したブラザーフッドは、シス卿評議会によって統治されていた。ブラザーフッドは新シス戦争ジェダイ・オーダーアーミー・オブ・ライトと争ったが、両軍とも第七次ルーサンの戦いで壊滅した。

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記と訳語は『スター・ウォーズ シスの書 DXエディション』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。