Fandom


ブラスモン・キー(Brasmon Kee)はアベドネド男性で、冷戦の時代に新共和国銀河元老院惑星アベドネドを代表した元老院議員である。

経歴

エンドアの戦いの30が過ぎた34 ABY当時、ブラスモン・キーは新共和国首都が置かれていた惑星ホズニアン・プライムに滞在していた。[1] キーたち元老院議員は、ファースト・オーダー超兵器スターキラー基地ホズニアン星系破壊した際に犠牲となった。[2]

個性と特徴

ブラスモン・キーはアベドネド種族男性で、肌はピンクで、は灰色だった。新共和国元老院に出席する際、彼はまだら模様のローブ摂政のターバンを着用していた。[1]

制作の舞台裏

ブラスモン・キーは2015年12月18日公開のシークエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のために制作されたキャラクターである。[1] 映画本編には登場していないが[2]、映画の設定資料集『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)にキャラクターの名前と画像が収録されている。[1]

『フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督がビースティ・ボーイズのファンであることから、ヒダルゴは『ビジュアル・ディクショナリー』に掲載するアベドネド種族のキャラクターをビースティ・ボーイズの楽曲にちなんで命名した。ブラスモン・キーの元ネタは、楽曲「ブラス・モンキー」(Brass Monkey)である。[3]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。