Fandom


ブラック・サン統治評議会(Black Sun ruling council)は犯罪シンジケートのブラック・サンを指揮していた統治機構である。首領のゾミット・グランセイトファリーンの貴族4名によって構成されていた。

歴史

クローン戦争中の19 BBYシスの暗黒卿ダース・モールムスタファーにあるブラック・サンの要塞訪れ、統治評議会に犯罪同盟“シャドウ・コレクティヴ”への協力を求めた。ブラック・サンの幹部たちは激昂して立ち上がったが、次の瞬間にはモールの弟サヴァージ・オプレスが投げたライトセーバーに首を切り落とされ、静かに床に倒れ込んだ。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。