Fandom


「あたしがいなければここからブラック・スパイアに行くこともできないくせに、今度はケッセル・ランですって?」
―ランド・カルリジアンに対し、L3-37[出典]

ブラック・スパイア・アウトポスト(Black Spire Outpost)、通称ブラック・スパイア惑星バトゥー最大の入植地である。アウター・リム・テリトリーの端にあり、未知領域ワイルド・スペースへと向かう人々にとって最後の停留地であると同時に、銀河系でもっとも多様な、そしてもっとも悪名高い者たちが集まる安息の地だった。街の名前は、中心部に高くそびえる黒い木に由来する。ハイパースペース航法が発明される以前に設立されたブラック・スパイア・アウトポストは、当初は亜光速交易の交差路として栄えたが、ハイパードライブが誕生すると人々はバトゥーを通り過ぎていくようになり、やがて入植地は誰かに見つかりたくない人々が集まる場所になった。

特徴

歴史

ハイパースペース航法の発明以前、この町は亜光速の旅のルートとして多くの人々で賑わっていた。しかしハイパードライブの誕生によってこの惑星は通過されるようになり、町は他の人に見つかりたくない人々が多く集まるようになっていった。町の中の宇宙港は賞金稼ぎや犯罪者、そして銀河の未開拓地を目指す冒険家で溢れており、そのため多くの仕事や新たなる冒険があった。

ファースト・オーダーが台頭し、新共和国レジスタンスとの間での冷戦の時代、この町はファースト・オーダーの目から逃れたい人々も集まるようになった。

ブラック・スパイア・アウトポストの地名

Star Wars land view from entrance

ブラック・スパイア・アウトポスト

制作の舞台裏

登場エピソード

参考資料

脚注

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ
アトラクション
ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン · スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス
レストラン
ドッキング・ベイ7 フード・アンド・カーゴ · カット・サカのケトル
ミルク・スタンド · オーガのカンティーナ · ロント・ロースターズ
ストア
ファースト・オーダー・カーゴ · クリーチャー・ストール · ブラック・スパイア・アウトフィッターズ
ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク · ドロイド・デポ · ジュエル・オブ・ビス
レジスタンス・サプライ · サヴィのワークショップ · トイダリアン・トイメーカー
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。