Blue-exclamation-mark.png

この記事のタイトルはニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

公式設定で正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

ブラッチア(Bracchia)は銀河共和国銀河帝国に仕えた男性クーリヴァースパイの暗号名である。クローン戦争中、彼は共和国の工作員として惑星マーカナシャドウフィード撲滅作戦に参加し、ウィルハフ・ターキンを手助けした。戦争が終結し、皇帝シーヴ・パルパティーンによって帝国が建国された後、ブラッチアは帝国保安局所属の諜報員となった。[1]

14 BBY、ブラッチアは保安局の工作士官ステランからの指示で、マーカナの医療センターにある不審なケースを調査した。ブラッチアによる調査報告が行われた後、コルサントにおける上層部の会議の結果、モフ・ターキンとシス卿ダース・ヴェイダーがマーカナに送り込まれた。しかし彼らはこの惑星で反乱分子の罠にはまり、のちにブラッチアを呼んで聞き取り調査を行った。その後ブラッチアはコルサントに呼び出され、ステランとともに皇帝じきじきの質問に答えた。[1]

登場エピソード

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 ターキン
  2. 『ターキン』作中でウィルハフ・ターキンよりも背が高いと描写されているため。
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。