Fandom


「前方に敵ファイター!」
「了解、ブラボー・リーダー」
―リック・オーリーと隊員たち[出典]

ブラボー中隊(Bravo Squadron)は、ブラボー隊(Bravo Flight)とも呼ばれた、銀河共和国の最期の数十年に活躍したナブー王室宇宙戦闘機部隊スターファイター中隊である。

歴史

ブラボー中隊は惑星ナブー首都シードにあるシード・ハンガーに拠点を置いており、キングアース・ヴェルーナがナブーの力の象徴として編成した。クローン大戦勃発の10年前、ブラボー中隊はナブーの侵略のさいに活躍した。中隊のメンバーはナブー・レジスタンスに加わり、ナブー・トレーニング・キャニオンに少なくともふたつの基地を置いていた。ナブーの戦いの最後の段階で、ブラボー中隊のパイロットたちはナブー軌道ルクレハルク級ドロイド司令船、<ヴートゥン・パーラ>を破壊するため、ドロイド・スターファイター中隊と戦った。ブラボー中隊のギャヴィン・サイクス中尉は司令船のディフレクター・シールド発生装置トラクター・ビームにダメージを与えることに成功し、アナキン・スカイウォーカープロトン魚雷を使って船の破壊に成功した。

組織

ナブーの女王は、ブラボー中隊パイロットから儀仗兵を選んでいた。中隊のリーダーはリック・オーリーであり、N-1スターファイターによって構成されていた。ナブー防衛軍の一員として、ナブーの侵略当時ブラボー中隊はキャプテンクァーシュ・パナカの指揮下に入っていた。中隊の新兵は訓練用の渓谷でホログラム・エミッターを相手に訓練した。他のものは、新人で構成されるエコー隊から昇格した。

隊員

登場エピソード

非正史作品の登場

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。