Fandom


「さあ誰からやりたい? 実戦訓練でレコード・タイムを叩き出したチームから行くか。ARCトルーパー・タイムだ」
―コマンダー・コルト[出典]

ブラボー分隊(Bravo Squad)はクローン戦争中に惑星カミーノで訓練を受けていたクローン候補生分隊。彼らはシタデル・チャレンジのテストに合格し、ARCクローン・コマンダーコルトからいずれARCに昇格することができるかもしれないと高評価を受けた。

歴史

BravoSquadCadetFires-CC

ブラボー分隊のメンバー

クローン戦争の序盤、5人のクローン候補生によって構成されるブラボー分隊は惑星カミーノティポカ・シティ軍事複合施設で訓練を受けていた。彼らはシミュレーション戦闘コースのシタデル・チャレンジを記録的な早さで合格し、ランコア大隊クローン・コマンダーコルトから“ARCトルーパー・タイム”と評価されていた。彼らは最終テストも難なく通過し、共和国グランド・アーミーの一人前の兵士となった。

登場エピソード

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第224師団 - 第13大隊 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - BTL-B Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - ISPスピーダー - RX-200 - SPHA-T - LAAT/i - LAAT/c
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。