Fandom


(clean up)
(参考資料:clean up, replaced: :銀河帝国宇宙軍の将校 → :銀河帝国宇宙軍の人物)
57行: 57行:
 
[[カテゴリ:人間]]
 
[[カテゴリ:人間]]
 
[[カテゴリ:女性]]
 
[[カテゴリ:女性]]
[[カテゴリ:銀河帝国宇宙軍の将校]]
+
[[カテゴリ:銀河帝国宇宙軍の人物]]

2017年7月2日 (日) 16:38時点における版

「センサーが起動したのは、今回も流星が原因だろう。隔離区域をスキャンしたらすぐに元のコースに戻る。こんな誰もいない星で時間を無駄にしたくないからね」
―ブランソン[出典]

ブランソン(Brunson)は人間女性で、銀河帝国宇宙軍に仕えた将校である。帝国時代、ブランソンはかつてデス・スターの建造現場だった惑星ジオノーシス軌道にて、アークワイテンズ級司令クルーザー艦長を務めていた。2 BBY、ブランソンは反乱軍宇宙船ゴースト>がジオノーシスに侵入したことに気付く。自分やクルーたちの昇進を勝ち取るべく、ブランソンはTIEボマーロケット・トルーパーを使って反乱軍を攻撃した。ブランソンは<ゴースト>を地下洞窟の巨大な縦穴の中に追い込み、通気口の上空を軽クルーザーで塞いだが、反乱者たちは2発のプロトン魚雷で彼女の宇宙船を破壊し、ジオノーシスから逃げ去っていった。

経歴

ジオノーシス

「ここで破壊すれば私たち全員昇進間違い無しだわ」
―ブランソン[出典]

人間女性、ブランソンは銀河帝国宇宙艦隊に仕える将校で、若くしてアークワイテンズ級司令クルーザー(帝国軍軽クルーザー)の艦長になった。ヤヴィンの戦いの約2年前反乱軍スペクターズ反乱分子が惑星ジオノーシスにやってきたとき、ブランソンは侵入警報に応えて現地へ急行した。スペクターズはジオノーシスで消息を絶ったパルチザンの指導者ソウ・ゲレラを救出し、ジオノージアン種族が丸ごと姿を消した原因を突き止めようとしていた。部下の1人からジオノーシスの地上に生命反応があることを知らされたブランソンは、2機のTIE/saボマーを偵察に送り出した。

TIEボマーはすぐに反乱者たちのVCX-100軽貨物船ゴースト>を発見し、地上掃射を開始した。TIEファイター・パイロットから<ゴースト>のホログラム・イメージが届くと、ブランソンはすぐにそれが反乱軍フェニックス戦隊に属す宇宙船であることに気づいた。ボマーが2機とも反乱者たちによって破壊されると、ブランソン艦長は<ゴースト>が最後に確認された座標を突き止めるようクルーに命じる。彼女は反乱者たちがジオノーシスの砂漠に空いた穴の中に逃げたはずだと推測していた。彼女の考えは正しく、反乱者たちは地下迷宮と繋がっている巨大な通気口に逃げ込み、ソウを捜していた仲間たちやジオノージアンの最後の生き残りであるクリック=クラックらと合流していた。

<ゴースト>の逃げ道を塞ぐため、ブランソンの軽クルーザーは通気口の真上に移動した。その後、彼女は<ゴースト>に直接攻撃を仕掛けるため、ロケット・トルーパー部隊を軽クルーザーから降下させた。しかし反乱者たちは船外に出てロケット・トルーパーを撃退し、穴の底へと降下していった。彼らは帝国軍がジオノージアンの虐殺に使ったガスのキャニスターを穴の底で発見する。一方、ブランソンは通気口への砲撃を命じ、<ゴースト>を砂の中で生き埋めにしようとした。しかし、<ゴースト>はレーザー砲プロトン魚雷で軽クルーザーを破壊し、穴から飛び出して宇宙空間へと逃げ去っていった。ブランソンは戦いを生き延びたが、クルーザーはばらばらになってしまた。

帝国にとって幸運なことに、反乱者たちはジオノージアン虐殺の証拠であるガス・キャニスターを脱出時に失った。しかし、彼らはこの任務で手に入れたディフレクター・コアを持ち帰った。また、反乱者たちと接触したクリック=クラックも帝国の攻撃を生き延び、最後のジオノージアン女王を守り抜いた。

<キメラ>にて

ジオノーシスの一件からしばらく経った後、ブランソンはスローン大提督旗艦であるインペリアルI級スター・デストロイヤーキメラ>に招集された。当時、スローンは帝国保安局ウルフ・ユラーレン大佐と協力し、宙域司令部スタッフの中に潜んでいるスパイの正体を探っていた。<キメラ>艦内にて、ブロム・タイタス中佐とともに通路を歩いていたブランソンは、スローンのオフィスへ向かうエージェントカラスヨガー・リステ大尉とすれ違った。

個性と特徴

「艦長は経験不足のようね」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

ブランソンは黒い肌の人間女性で、身長は1.75メートル、目のは青かった。ブランソンは若くして帝国軍の艦長の階級に上り詰め、有能な将校であることを証明したが、部隊の指揮官としての経験には欠けていた。昇進を熱望する野心家だったブランソンは、ジオノーシスにおける職務を軽視しており、反乱者の宇宙船<ゴースト>を破壊することで高い地位を得ようとした。その結果、彼女は<ゴースト>の過去の戦績を過小評価するという過ちを犯してしまう。ブランソンは帝国軍軽クルーザーを壁にして敵の脱出を阻止しようとしたが、船をバラバラにされて<ゴースト>を取り逃がしてしまった。戦闘中、<ゴースト>の船長であるヘラ・シンドゥーラは敵の艦長が指揮官として未熟であることを指摘した。

他の多くの帝国軍将校とは異なり、ブランソンは部下に対してある程度の仲間意識を持っており、クルー全員の昇進を願っていた。しかし、彼女は部下を軽く扱うこともあり、ロケット・トルーパーの全滅を知らされた際には、報告を寄こした将校の頭を後ろから叩いた。

登場作品

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。