Fandom


《俺のブラーグは今は不機嫌だが、いざ走らせればお前のマシーンより速い》
スタックに対し、テイ・ブーン[出典]

ブラーグ(Blurrg)は惑星ライロスザイゲリアをはじめとする銀河系各地の惑星に棲息した2足歩行のクリーチャーである。落ち着きのある強靭な動物で、飼い慣らせば農作業から戦争まで幅広い目的の役に立った。

特徴

「こいつはメスだ。オスは交尾中に食い殺されちまう」
クイール[出典]
Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

歴史

「ブラーグ? 俺はいらない」
「いや必要だ。乗るのにな。何しろブラーグなしじゃとても行けないような場所だ」
―“マンダロリアン”とクイール[出典]

クローン戦争中、チャム・シンドゥーラ率いるトワイレック・レジスタンスの戦士たちはブラーグに乗って独立星系連合バトル・ドロイドと戦った。彼らのブラーグの移動速度は、銀河共和国クローン・トルーパーが使うAT-RTウォーカーにも後れを取らなかった。ライロス首都レッスーをめぐる戦いで、トワイレックの戦士を乗せたブラーグは共和国グランド・アーミーライトニング中隊とともに分離主義勢力を圧倒する。

アイリス・ライロス・ディフェンス・テック社ブラーグ1120ホールドアウト・ブラスターという名のブラスター・ピストルを製造した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。