Fandom


「ジェダイ、そなたらはこれより我が子の宿主となるのじゃ」
カリーナ・ザ・グレート[出典]

ブレイン・ワーム(Brain worm)は惑星ジオノーシスに生息していた寄生生物である。ブレイン・ワーム黄色から生まれ、宿主をマインド・コントロールすることができた。ジオノージアンカリーナ・ザ・グレート女王はブレイン・ワームを通して他者を操作し、死人すらゾンビにして思いのまま操った。また、ワームに洗脳された人間ジオノージアンと同じような言語で会話した。ブレイン・ワームの弱点は寒さだった。

歴史

「我が子が体内に入れば、心はその子らを通じ、我が心と等しくなる」
―カリーナ・ザ・グレート[出典]
Barriss infected

バリス・オフィーからアソーカ・タノに乗り移ろうとするブレイン・ワーム

銀河共和国末期、カリーナ・ザ・グレート女王は死んだジオノージアンをブレイン・ワームで操り、ゾンビ戦士団をつくり上げていた。クローン戦争中、銀河共和国惑星ジオノーシス侵攻した際、カリーナはジェダイをワームで洗脳するため、プロゲイト寺院マスタールミナーラ・アンドゥリを生け捕りにした。しかしアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービの部隊が寺院に駆け付け、アンドゥリを救出した。プロゲイト寺院はジェダイの攻撃で崩壊し、ブレイン・ワームも女王と共に葬り去られたと思われた。

しかし、ブレイン・ワームの生き残りはカリーナ女王に代わる新しい主人を求めてクローン・トルーパーサイスに取り付いた。サイスは共和国医療フリゲートTB-73艦内でワームのをばらまき、タンゴ中隊の他の隊員にも寄生虫を取り付かせた。洗脳されたトルーパーたちはフリゲート艦を乗っ取ろうとしたが、ジェダイパダワンアソーカ・タノバリス・オフィーが異変に感づいた。彼女たちはルテナントトラップを殺して寄生虫の存在を突き止め、TB-73の行き先であるオード・セスタス医療ステーションに警告を発した。オフィーはトルーパーの罠に嵌まってワームに取り付かれたが、タノは医療艦の冷却システムを最大にしてワームの動きを止め、オフィーとトルーパーの命を救った。

Snorting worms

ブレイン・ワーム

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。