Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「ブレンタールIVが共和国にとってどれほど重要な惑星かは、いくら強調してもしすぎることはない。大昔、貴族や通商ギルドの故郷であったブレンタールは、パーレミアン・トレード・ルートとハイディアン・ウェイという銀河の最も重要なふたつのハイパールートの交差点にある」
ヴォレン・ナル[出典]

ブレンタールIV[1](Brentaal IV)は、一般的にブレンタールという呼び名で知られたコア・ワールドボーメア宙域ブレンタール星系惑星銀河系の主要ハイパーレーンのうちの2本、ハイディアン・ウェイパーレミアン・トレード・ルートの交差点上に位置するブレンタールは、おそらく銀河系全土で最も重要な地点に存在していた。恒星ブレンタの第4軌道を周回したブレンタールは、ふたつの衛星を有し、パーレミアン航路沿いに並ぶリンガリ星雲付近の星系群、リンガリ・シェルに属した。温暖な気候で乾燥した惑星だったブレンタールは、ふたつの巨大な極地を持ち、赤道面には砂漠や蒸気を上げる海を有していた。惑星の利用可能な土地のほとんどは、倉庫や貨物所蔵施設、商取引所やその他の貿易関連施設によって埋め尽くされていた。惑星の権力の中枢は首都コーモンドとそのトレード・ホールにあり、ブレンタール・ハウス(惑星の貿易ギルドを運営する有力な家系)がブレンタールの民主主義政府で市民代表を務めていた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。