Fandom


「この鳥はおそらく銀河一とろい生き物だ」
レイの日記より[出典]

ブロギン(Bloggin)は砂漠惑星ジャクーに生息していた鳥類クリーチャーである。ブロギンの肉は食用になり、羽や脂も利用することができた。

生態と特徴

ブロギンは太い眼柄と長い尾を持つ鳥類クリーチャーである。突き出た眼のおかげで遠く離れた捕食動物を見つけることができた。しかしブロギンは危険が迫るとパニックに陥ってしまい、鳴きながら走り回るだけで、飛んで逃げることができなかった。廃品回収業者レイはブロギンを“銀河一とろい生き物”と描写した。[1]

ブロギンは群れを成して移動し、その肉は食用になった。ブロギンは縄張り意識が強く、自分たちの土地に入って来た別の生き物をつついた。トゥアナル村の住民はブロギンの羽や脂を利用していた。

歴史

エンドアの戦いの30年後、アストロメク・ドロイドBB-8は秘密の任務のために訪れた惑星ジャクーのトゥアナル村で数匹のブロギンと遭遇した。BB-8はブロギンにつつかれたが、転がって逃げた。[2] また、動物売りのボバージョはブロギンをかごに背負ってニーマ・アウトポストで行商していた。[1] ゴミ漁りレイは自身のクォータースタッフにブロギンとウールでできたストラップをつけていた。[3]

表記

スター・ウォーズ フォースの覚醒 レイのサバイバル日記』では複数形のままブロギンズと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。