Fandom


「俺は…俺は、この掃きだめで長く働いてきた。戦争の前からだ。船を生き返らせてきたんだ。銀河一の腕で。そして帝国が現れた。職人たちは…解体屋にされた。作業員は言われるがままに働いたが…ずっとわかってたんだ。俺たちは怖くて言えなかった。帝国にとって…俺たちは消耗品だ」
―プラウフの最期の言葉[出典]

プラウフ(Prauf)は惑星アベドネド出身の男性アベドネドで、スターシップエンジニアである。[1] 彼は銀河共和国時代から惑星ブラッカで職人として働いていたが、銀河帝国の時代が始まると、軍艦の資材を集める解体屋として、少ない賃金で働かされることになった。[2] 帝国時代、プラウフは若き同業者のカル・ケスティスを弟のように可愛がり、解体ギルドを介して彼に仕事をあてがっていた。2人は奇妙なコンビだったが、真面目に働き、トラブルを起こさなかったため、ギルドの監督者から余計な注意を引かずに済んでいた。[1]

14 BBY、プラウフが解体現場でアクシデントに巻き込まれた際、カルはフォースを使って彼の命を救った。プラウフはジェダイの生き残りであることを帝国に知られる危険を冒してまで自分を救ってくれた友人に感謝しつつも、すぐにブラッカから逃げたほうがいいと助言した。しかしその直後、プラウフとカルをはじめとする労働者たちは尋問官セカンド・シスターナインス・シスターの前に整列させられ、ジェダイの信奉者は名乗り出るよう迫られた。他の者が沈黙する中、列から進み出て帝国への長年の不満を吐露したプラウフは、セカンド・シスターのライトセーバーで胸を貫かれ、殺害された。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。