Advertisement

プラスター・オムレン

Praster Ommlen-VD.jpg

Eras-canon-ja.png

プラスター・オムレン(Praster Ommlen)はオッテガン男性で、アイソリアンの宗教“聖なるラムルス”の信者である。宗教に加わる前、オムレンは密輸を働く犯罪者だった。エンドアの戦いの30年後、オムレンは惑星タコダナマズ・カナタの城を訪れていた。

経歴

プラスター・オムレンは密輸業者として活動していたが、改心して聖なるラムルスの信者になった。彼は惑星タコダナにあるマズ・カナタで他の犯罪者たちに霊的な助言を与えていた。[1]エンドアの戦いの30年後、密輸業者ハン・ソロゴミ漁りレイ、元ストームトルーパーフィンアストロメク・ドロイドBB-8が城にやって来た時、オムレンもその場に居合わせた。ファースト・オーダースターキラー基地ホズニアン星系破壊した際、オムレンたちは城の外に出て上空の異変を確認した。その後間もなく、マズの城はファースト・オーダーの攻撃で破壊される。[2]

人物

オッテガン男性、プラスター・オムレンは茶色の肌に黒い目を持ち、白髪混じりの毛を生やしていた。マズの城に滞在していた頃、オムレンはあまり快適とは言えない、色褪せした禁欲的なローブを身に着けていた。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の劇場パンフレットではオムレンの種族がアイソリアンと説明されているが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』でオッテガンという新しい種族に設定された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。