Fandom


「ラダス提督と話をしなければ」
「提督はすでに出発されました。プロファンディティで軌道上におられましたが、戦いに赴かれました」
モン・モスマテンジゴ・ウィームズ[出典]
<プロファンディティ>(Profundity)は反乱同盟軍艦隊MC75スター・クルーザーである。軍艦に改造されたこのシティ=シップは、かつてニスタラムの政府タワーであったため、運用は主にニスタラムの防衛スタッフたちによって行われる。モン・カラマリラダス提督の指揮のもと、0 BBYスカリフの戦いに参加した。スフィルナ級コルベットの活躍でスカリフ上空のシールド・ゲートが破壊された後、<プロファンディティ>は惑星の地上にいるローグ・ワンからデス・スター設計図のデータを受信した。

歴史

スカリフの戦いにおいて、ラダス提督は艦隊を率いてローグ・ワンの支援を行った。その際<プロファンディティ>は、同盟軍艦隊の旗艦として指揮を執った。

デススターの設計図を受信した後、艦隊は撤退を開始したが、<プロファンディティ>はデヴァステーターの熾烈な攻撃を受け無力化されてしまう。その後、設計図を奪還せんとするダースヴェイダーの侵入を許す。設計図が記録されたデータカードは反乱軍兵士の手を渡り、<プロファンディティ>に修理のため着艦していた<タナヴィーIV>のレイア・オーガナに届けられた。

その後、<プロファンディティ>は破壊された。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。