Fandom


プローチ(Proach)は男性トランドーシャンで、帝国時代マイニング・ギルドのために働いていた奴隷マスター兼監督者である。1 BBY、プローチは惑星ロザルで資源収集活動を行うクローラー413-24に乗り込み、奴隷の見張りを務めた。反乱同盟のメンバーがクローラーに乗り込んできたとき、プローチは反乱者ガラゼブ・オレリオスとの戦いに破れて命を落とした。

経歴

マイニング・ギルドの監督者

トランドーシャン種族男性であるプローチは[2]銀河帝国時代マイニング・ギルドのために働いていた。1 BBY当時、彼は惑星ロザル[1] ギルドの奴隷マスター[2] および監督者を務め、オア・クローラーに乗り込んで奴隷の見張りを担当した。当時マイニング・ギルドはクローラーを使って惑星の天然資源を剥ぎ取り、帝国の生産活動を手伝っていたのである。プローチが配属されたクローラー413-24がロザルの南半球で草原を焼き払っていた時、反乱同盟に所属するスペクターズのメンバーが機内に侵入した。彼らはこのビークルに搭載されている長距離トランスミッターを狙っていた。[1]

反乱者たちはクローラーのキャプテンを務めるシーヴォアを捕まえ、ブリッジの支配権を握る。その頃プローチはクローラーの後部で奴隷を見張っていた。反乱者たちは機体の後部から船内通信が発信されていることに気づき、ジェダイケイナン・ジャラスラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスが調査に向かった。そこでジャラスは友人のシカトロ・ヴィザーゴを含む奴隷たちがギルドに酷使されていたことを知る。ヴィザーゴはジャラスが既にプローチを倒したものと思い込んで再会を喜んだが、トランドーシャンの監督者は背後からジャラスに接近し、エレクトロ=ウィップで襲いかかった。しかしジャラスはライトセーバーを起動して鞭を受け止めた。[1]

トランドーシャン vs ラサット

Proach vs Kanan

ケイナンを倒すプローチ

プローチはエレクトロ=ウィップをライトセーバーの柄の部分に巻き付け、ジェダイ・ナイトの手から武器を払い落とすことに成功した。彼はすぐに2度目の攻撃に移り、鞭をジャラスの体に巻き付けて自由を奪い、電流を流した。ジャラスは苦痛のあまり倒れたが、頭上の通路にいたオレリオスがボー=ライフルでトランドーシャンに向かって銃撃し、仲間のピンチを救う。プローチは鞭を使って上の階へ跳躍し、ボー=ライフルから放たれるビームをかわしながらラサットに飛びかかった。プローチとオレリオスは取っ組み合いながら移動し、オア・クローラーの前部と後部セクションの間にある連絡通路で争いを続けた。[1]

プローチはオレリオスにスープレックスをかけて有利に立ち、さらに何発か打撃を加えた後、ラサットの頭をつかんで通路の手すりのバーに打ち付けた。プローチはそのままオレリオスを通路から落とそうとしたが、オレリオスは何とか持ちこたえ、足でプローチの顔を掴んで手すりの外側へ引っ張った。2人の戦士は通路にぶら下がりながらパンチとキックの応酬を続け、オレリオスは下の通路から出てきたジャラスに助けを求めた。しかしプローチはジャラスが上階に移動してくる前にエレクトロ=ウィップを起動し、丸腰のオレリオスを攻撃して決着をつけようとした。[1]

プローチはオレリオスの腕に鞭を巻き付けて電撃を流したが、このラサットの戦士は衝撃に耐えながら鞭ごとトランドーシャンを引き寄せた。プローチは思わず通路から手を放してしまい、オレリオスの腕にからまった鞭にしがみつく状況になる。オレリオスは2人分の体重を支えることになったが、先に音を上げたのはプローチの方だった。手を滑らせたプローチはオア・クローラーの底の黒煙の中へ落下し、命を落とした。オレリオスもその直後に落下したが、駆けつけたジャラスが彼の腕を掴んだ。その後キャプテン・シーヴォアも倒され、反乱者たちはクローラーを完全に制圧した。[1]

個性と特徴

プローチは冷酷な男性トランドーシャンで[2]、がっしりとした体格でありながら機敏に動くことができる[1] 堂々たる存在の危険な戦士だった。[2] プローチは緑の肌とオレンジ色のを持ち、身長2.1メートルのガラゼブ・オレリオスよりも背が高かった。プローチは射撃武器を持つ相手に格闘で立ち向かう勇敢さを持っていたが、オア・クローラーの通路から落下する寸前には恐怖の表情を浮かべ、悲鳴を上げながら落下していった。[1]

装備

プローチは黄色と青のマイニング・ギルドの制服を身に着け、ヘルメットをかぶっていた。[1] また、彼はエレクトロ=ウィップを使いこなした。[2]

制作の舞台裏

プローチはTVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン4の第8話『Crawler Commandeers』に登場するキャラクターである。キャラクター名の由来は、映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でドイツ人整備士とシェルパ役、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でチーフ・ガードを演じた俳優パット・ローチ[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。