Fandom


ヘイド・グウィン(Hado Gwin)はトワイレック男性で、帝国時代にパートナーのボシュティ・アニリーとともに活動したダンサーである。10 BBY当時、ヘイドとボシュティはヴァンドアに寄港中のヨットファースト・ライト>を訪れていた。

経歴

トワイレック男性のヘイド・グウィンは、パートナーのボシュティ・アニリーとともに惑星オルデランの名門デッテ・ローニック・ダンス・アカデミーで1間訓練を積み、競争が激しいダンスの業界に足を踏み入れた。10 BBYまでに、ヘイドとボシュティは3つの宙域でコンテストに優勝していた。また2人は犯罪組織クリムゾン・ドーンスター・ヨットファースト・ライト>の追っかけをしており、寄港先から次の寄港先へと旅を続けていた。[1] 10 BBY、ハン・ソロチューバッカトバイアス・ベケットに連れられてヴァンドアに寄港中の<ファースト・ライト>にやってきたときも、ヘイドとボシュティのコンビは船内の広間に居合わせた。[2]

個性と特徴

ヘイド・グウィンは濃い茶の肌の男性トワイレックで、黒いを持っていた。ヴァンドアにて、彼は金と黒の衣装に身を包み、お遊びでつけている男性用ヘッドドレスには、の位置に偽のコーンがついていた。[1]

制作の舞台裏

ヘイド・グウィンは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。名称は設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。