Wookieepedia
Advertisement

<ヘイロー>(Halo)はボタジェフ造船所で造られたSS-54アサルト・シップである。女性ザブラク賞金稼ぎスギ銀河共和国時代の末期に使用していた。クローン戦争中の21 BBY、スギは<ヘイロー>で惑星フェルーシアへ旅し、仲間傭兵ジェダイアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービらと力を合わせ、ホンドー・オナカー率いるウィークウェイ海賊団戦った。また20 BBYには、ターフル将軍率いるウーキーの戦士たちを衛星ワスカーへ運び、トランドーシャン狩猟ギルドと戦った。狩猟ギルドに勝利した後、スギはトランドーシャンから解放したジェダイパダワンたちを<ヘイロー>でコルサントへ送り届けた。帝国時代、<ヘイロー>はスギの姪の賞金稼ぎジャス・エマリに受け継がれ、銀河帝国の残党との戦いで活躍した。

特徴

<ヘイロー>はボタジェフ造船所によって造られたSS-54アサルト・シップで、ガンシップに分類された。装甲が厚いコックピットの下部に一対のZX7レーザー砲を搭載し[1]、船尾にも2連レーザー砲を積んでいた。<ヘイロー>の船体はダークグリーンに塗装され、随所に黄色いマーキングが入っていた。また船体側面にはナイフを持つトゥーカ人形のイラストが描かれ、オーラベッシュのアルファベットで「Nice playing with ya」(キミと遊べて良かった)というメッセージがプリントされていた。[4]

歴史

クローン戦争

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

帝国との戦い

銀河内戦の時代、スギの姪の賞金稼ぎジャス・エマリが<ヘイロー>の所有者になっていた。4 ABY銀河帝国の銀行家アーシン・クラッサスを暗殺するためアウター・リム・テリトリーの惑星アキヴァを訪れたエマリは、アキヴァの反乱に巻き込まれ、ノラテミン・ウェクスリーミスター・ボーンズシンジャー・ラス・ヴェラスジョム・バレルらと行動をともにすることになった。帝国の緊急サミットを妨害し、新共和国の勝利に貢献した後、エマリと仲間たちは<ヘイロー>に乗って帝国の残党を追う旅を開始した。[2] 5 ABYの時点で、<ヘイロー>のクルーはストラッド司令官コシュ知事モフキオングナイアルアダンボ中将帝国保安局ヴェン・イオウェルト大臣ら6名の帝国要人を捕まえることに成功していた。[1]

5 ABY、エマリたちはパーウィン・ゲディ中将を追って惑星ヴォーラグを訪れた。犯罪王スラッセン・カンカー宮殿からゲディを連れ出した後、一行はテミンが操縦する<ヘイロー>で脱出を果たし、シャンドリラへ戻った。その後、彼女たちはプリンセスレイア・オーガナの頼みを引き受け、ハン・ソロ将軍によるキャッシーク解放を手伝うことになった。エマリとバレルが<ヘイロー>で衛星ナー・シャッダへ赴き、情報収集を行った後、一行はソロと合流して<ミレニアム・ファルコン>とともにキャッシークへ向かった。その後<ヘイロー>はキャッシークの解放に参加し、地上戦やスター・デストロイヤードミニオン>への侵入に使われた。[1]

登場作品

<ヘイロー>のノーズ・アート

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement