Fandom


「あたしがホワイト・ワームズの子どもたちをどんなに気にかけているかは知っているだろ。たいせつな若者をこんな危険な任務に送りだすのはつらいんだよ。でも、言われたとおりにやり遂げ、すべてがうまくいけば……あんたはホワイト・ワームズのヘッドだ」
レディプロキシマ[出典]

ヘッド(Head)は惑星コレリアコロネット・シティアジトを置く犯罪集団ホワイト・ワームズで使われていた肩書であり、組織に属す孤児“スクラムラット”のリーダーの称号である。[1] 女性の場合ヘッド・ガール(Head Girl)、男性の場合ヘッド・ボーイ(Head Boy)と呼ばれる。[2]

歴史

ホワイト・ワームズでは、首領であるレディプロキシマからヘッドに任命されたスクラムラットは、他のスクラムラットよりも良い食べ物を食べられる特権を与えられていた。ヘッドのジャバットが謎の失踪を遂げた後、プロキシマはハンキーラに個別に任務を与え、成功したあかつきにはヘッドに昇格させると約束した。しかしハンとキーラは任務の途中でプロキシマが2人に同じ約束をしていたと知り、たとえヘッドとなっても、プロキシマにとっては使い捨てのコマにすぎないと気づいた。協力して任務を成功させた後、ハンはキーラの活躍をプロキシマに報告し、彼女がヘッドに昇格するよう取り計らった。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。