Fandom


へネット・ケイン(Hennet Kayn)は銀河内戦の時代に惑星タトゥイーンに滞在していたゴウタルである。ヤヴィンの戦い直前の0 BBY、ケインはモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナを訪れた。同じ日、ローディアン賞金稼ぎグリード密輸業者ハン・ソロカンティーナに来店し、ケインの近くのブースで会話をかわした。ケインがブースを移動するため彼らの背後を通った直後、グリードはハンによって撃ち殺された。

経歴

ゴウタルのへネット・ケインは[2]銀河帝国共和国再建のための同盟銀河内戦と呼ばれる紛争を繰り広げた時代に、惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港に滞在していた。[1] ヤヴィンの戦い直前の0 BBY[3]、ケインはモス・アイズリーにあるチャルマンのカンティーナを訪れた。この人間密輸業者ハン・ソロカンティーナにやって来ていた。オビ=ワン・ケノービらとの交渉を終えた後、ハンはケインたちのいる店から立ち去ろうとしたが、彼を追ってきたローディアン賞金稼ぎグリードと遭遇し、席に連れ戻された。[1]

ハンとグリードがテーブルを挟んで会話を交わしていた時、ケインは彼らの背後を通過し、カンティーナのメイン・バーがある方向から[1]アビシンマイオタルズマフタックが着席しているブース[4] の方向へと移動した。その直後、ハンとグリードは互いにブラスター・ピストルの引き金を引き、結果的に後者が命を落とした。彼らの銃撃の瞬間、カンティーナの多くの客が驚いてそちらに注意を向けた。[1]

個性と特徴

へネット・ケインはゴウタル種族のメンバーで、は橙、毛と肌は茶だった。[1]

装備

モス・アイズリーのカンティーナを訪れた時、ケインは濃い茶色のシャツと薄茶色のローブ、茶色のシューズを身に着けていた。[5]

制作の舞台裏

Cantina masks MOSW

レイン・リスカによって作られたゴウタルのマスクは、フェルティパン・トレヴァッグコブ・ソンベポール、ヘネット・ケインという3つのキャラクターに使用された

へネット・ケインは1977年公開のオリジナル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するキャラクターである。ケインのコスチュームは、モス・アイズリー・カンティーナの他の客の衣装を組み合わせた流用であり、トリント・デュアバのローブと、ミーヨム・オニスのシャツ、フェルティパン・トレヴァッグコブ・ソンベポールと共有のゴウタルのマスクが使われている。[5]

へネット・ケインの両手のの部分は、もともとコスチューム・デザイナーのリック・ベイカーが以前に携わった映画『悪魔の赤ちゃん』(1974年)のために作ったものである。[5] ゴウタルのマスクを制作したメイクアップ・アーティストのレイン・リスカの手で[6]、爪のコスチュームに『スター・ウォーズ』用の毛が追加された。[5] カンティーナのキャラクターの1人であるマイオにも、同じ爪の小道具の毛が無いバージョンが使用されている。[7]

このキャラクターには『新たなる希望』の公開から42年ものあいだ名前がなかったが、2019年開催のセレブレーション・シカゴのトーク・イベント「Behind the Scenes of the Cantina」パネルで初めて名前がつけられた。進行役である Tom Spina が、ケインのプロダクション写真を見つけた後、ルーカスフィルム ストーリー・グループのメンバーであるリーランド・チーと一緒に、イベント参加者 Kenneth Haynie にちなんでキャラクターを命名した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。