Fandom


「この嘘つきのヘビ野郎!」
DJに対し、ローズ・ティコ[出典]
Luke removes the snake

ヨーダ小屋のテーブルからヘビをどかすルーク・スカイウォーカー

ヘビ(Snake/Serpent)は手足が無い細長い体や、切れ長の、匂いを感じ取るのにも使う、鋭い牙などを特徴とするクリーチャーの分類である。種族によっては体長が3メートルキファーの腕ほどの太さに成長するものもあった。ヘビは独特な動きで体をくねらせ、地面を這って移動した。ヘビの中にはを持つ種があり、噛み傷が致命傷となった。[1] 知覚種族のアナコンダンは、ヘビに似た特長を備えていた。[2]

歴史

惑星ダソミアには黒いヘビが棲息していた。[1] またシスの惑星モラバンドに棲息するモラバンド・サーペント[3]、無数の個体が集まって1匹の巨大なヘビのような姿になることができた。[4] 湿地の惑星ダゴバにはヴァイン・スネークと呼ばれるヘビが棲息していた。[5] ルーク・スカイウォーカーがダゴバを訪れた時、ジェダイ・マスターヨーダが住む小屋の中にヴァイン・スネークが入り込んでいた。[6]

主なヘビの種類

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。