Fandom


ヘリオス3E(HELIOS-3E)はクローン戦争期に賞金稼ぎキャド・ベインの手下として活動したIG-86歩哨ドロイドである。元老院人質事件に参加し、ズィロ・ザ・ハットの脱獄に一役買った。

経歴

Ross

キャド・ベインとヘリオス3E

21 BBY、ヘリオス3Eは犯罪王ジャバ・ザ・ハットから元老院ビルの見取り図入手を依頼された賞金稼ぎキャド・ベインの手伝いをした。彼らはコルサント市場パドメ・アミダラ元老院議員に仕えるプロトコル・ドロイドC-3POとその相棒のアストロメク・ドロイドR2-D2を発見する。ベインの部下トド360がR2-D2をドロイド・スパに入店させた後、ヘリオス3EはC-3POをエアスピーダーに連れ込んで誘拐した。C-3POが元老院ビルの情報を持っていないことが発覚すると、3Eとトド360は再び市場へ赴き、R2-D2を連れ去った。J0-N0がデータを抜き取った後、2体のドロイドは今回の一件の記憶を消去され、3Eによって市場の通りに捨てられた。

その後、ベインはハット大評議会の依頼でズィロ・ザ・ハットの脱獄を手引きすることになり、ヘリオス3Eは再びこの賞金稼ぎの任務を手伝った。ヘリオス3E、ヘリオス3Dシャハン・アラマロボニーノオーラ・シング、2体のBXシリーズ・ドロイド・コマンドーからなる賞金稼ぎチームは元老院オフィス・ビルを襲撃して議員を人質にとり、シーヴ・パルパティーン最高議長を脅迫してズィロを釈放させることに成功した。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。