Fandom


「マスター、ここには誰もいません。影も形もない。フォースの感応力が狂うことがあるのでしょうか?もしフォースに頼れないとすれば――」
―ベアドン・ジェイス[出典]

ベアドン・ジェイス(Bairdon Jace)は人間男性で、銀河共和国時代末期のジェダイパダワンである。カト・キインに師事した。

経歴

Khaat Qiyn Padawan

ベアドン・ジェイスとカト・キイン

人間男性、ベアドン・ジェイス[3]銀河共和国時代の末期にジェダイ・オーダーパダワンとして仕え、ジェダイカト・キインのもとで修行を積んでいた。ナブー危機以前のある時、ジェイスはキインとともにコルサントアンダーワールドにおける任務に就いた。街の路地を歩いていた時、ジェダイの師弟はフォースを通して不穏な存在を察知したが、気配があった場所を探しても何も見つからなかった。ジェイスはフォースの感応力に裏切られたことに戸惑ったが、キインは何があってもフォースを信じるよう弟子に教え諭した。実はこの時、物陰から2人の様子を伺っていたのはシス卿ダース・モールだった。モールはジェダイとの戦闘を望んでいたが、シス・マスターダース・シディアスの言いつけを守り、2人の前に姿を現すことなく闇に消えていったのだった。[2]

22 BBY、ジェイスとキインは惑星ジオノーシス独立星系連合の捕虜になったジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダラ元老院議員を救出売るため、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥ率いる攻撃チームの一員としてジオノーシスの戦いに参加した。ジェダイはこの戦いでドゥークー伯爵率いるバトル・ドロイドドロイド軍団と死闘を繰り広げ、多数の死者を出した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。