Fandom


ベイトリム(Beytolim)[2]銀河共和国時代末期の19 BBYモン・カラマリのバレエ『スクイッド・レイク』が公演された日、惑星コルサントギャラクシーズ・オペラ・ハウスを訪れていたパシスヒップである。ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーシーヴ・パルパティーン最高議長に会うためオペラ・ハウスに駆け込んできた時、ベイトリムは他のパシスヒップと一緒に会場へ続く階段を登っていた。[1] ベイトリムはと緑の肌を持ち、オペラ・ハウスを訪れたときには斑点模様の皮のクロークを身に着けていた。[2]

制作の舞台裏

Faytonni

オペラ・ハウスにて、ベイトリム (奥)

ベイトリムは2005年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するモブキャラクターである。映画のエンドクレジットやレジェンズの設定資料ではキャラクター名が明らかになっていなかったが、2017年に発売された正史の設定資料集『スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア』で初めて名前がつけられた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。