Fandom


「この星は手強いですぞ。帝国にここを叩ける程の余力があるか、見ものですな」
―ベオン・ベオネル[出典]

ベオン・ベオネル(Beon Beonel)は帝国時代惑星エスピリオンに住んでいたオルダー=エスピリオン男性である。彼はエスピリオンオルデラニアン混血種族であるオルダー=エスピリオンの首長を務めていた。0 ABY銀河帝国によって惑星オルデラン破壊された後、プリンセスレイア・オーガナがオルデラニアンの生き残りを救出するためオルダー=エスピリオンに協力を求めてきた際、ベオネルはレイアの代理人たちとの話し合いに出向いた。

プリンセス・レイアの代理人であるジョラ・アステインウーワ・パリースと対面した際、ベオネルはすぐにアステインが自分たち混血種族に対して否定的な意見の持ち主であることに気づいた。ベオネルは即座に会談を打ち切り、パリースからの2度めの話し合いの呼びかけも拒否した。しかし彼はレイア・オーガナがオルデラニアンの生存者全員に向けて行ったスピーチに心を動かされ、帝国軍インペリアル級スター・デストロイヤーと戦うオルデラン船団に力を貸すことに決めた。ベオネルはスターシップエスピリオン・マルチ>を惑星軌道に送り出し、スター・デストロイヤーを破壊してオルデランの遺児たちの仲間に加わった。

経歴

交渉決裂

「予測すべきでしたな」
「何をです?」
「そちらの方は、不快感を隠そうともなさっていない。この私のような混血オルデラニアンを、同胞と認める意志はないようですな」
―ベオン・ベオネルとウーワ・パリース[出典]
Beonel leaves talks

交渉を拒絶するベオネル

帝国時代、ベオン・ベオネルは惑星エスピリオンオルダー=エスピリオン首長を務めていた。彼の種族は惑星オルデラン出身の人間の移民と、エスピリオンに起源を持つ固有種族とのあいだにできた混血種だった。0 ABY銀河帝国超兵器デス・スターによってオルデランが破壊された後、オルデラニアンプリンセスレイア・オーガナは同胞の生存者が帝国の標的になっていることを知り、仲間たちを助けるに出た。レイアはオルダー=エスピリオンのもとを訪れて彼らを味方につけたいと考えていたが、別のオルデラニアンの人質を救うため惑星スカラドーシュで帝国と対峙する必要が生じ、自らエスピリオンを訪問することができなくなった。[1]

そこでレイアは音楽教団の代表であるウーワ・パリースと、オルデラン居留地の管理官であるジョラ・アステインを自身の代理人としてオルダー=エスピリオンとの会談に向かわせることに決めた。ベオネルは種族の首長として、エスピリオンのリル執政官が手配した会合に出向いた。しかしパリースやアステインと顔を合わせた瞬間、ベオネルはアステインが自分たち混血種族に対して否定的意見の持ち主であることに気づいた。パリースはなんとか二人を取り持とうとしたが、ベオネルはアステインのような考えの者がいる限り話し合うことはできないと主張し、交渉を放棄した。[1]

レイアのスピーチ

「我々は防戦します。ただし必要以上の攻撃は絶対に行いません。我々は帝国ではなくオルデラニアンなのですから、怒りには叡智で応え、恐怖には想像力で応え、戦争には希望で応えます」
―ベオネルに影響を与えたレイア・オーガナのスピーチ[出典]
Espirion Multi

ベオネルがオルデラニアンの船団に加勢するため派遣した<エスピリオン・マルチ>

のちにパリースはリル執政官と再び対面し、レイア・オーガナが必ず個人的に会いに来るとベオネルに伝えてほしいと頼んだ。しかしベオネルが姿勢を変えることはなく、エスピリオンの宇宙港で偶然パリースやアステインと遭遇した際も、レイアの言葉に耳を貸すつもりはないときっぱり断言した。その後パリースとアステインはエスピリオンの軌道に集結しているオルデラン船団と合流し、スカラドーシュから戻ってきたレイアに、交渉が不首尾に終わったことを伝えた。レイア率いるオルデラニアンの宇宙船団は、オルダー=エスピリオンからの助力を得られないまま[1]ヴェンク艦長[2]インペリアル級スター・デストロイヤーとの戦いを強いられることになった。戦いが始まる直前、レイアは迫りくる危険を仲間たちに伝えるスピーチを行った。[1]

レイアのアストロメク・ドロイドR2-D2はレイアのスピーチを独断でエスピリオンの地表にも転送していた。ベオネルは同胞に団結を呼びかけるレイアのスピーチに心を動かされ、スターシップ<エスピリオン・マルチ>をオルデラン船団の加勢に送り出した。オルデラニアンはエスピリオンの宇宙船と力を合わせてスター・デストロイヤーを撃破し、帝国との一連の戦いに終止符を打った。その後、ベオネルは宇宙船内で行われた祝賀会に加わり、レイアと初めて対面した。彼はスピーチで考えを改めたことをプリンセスに伝え、エスピリオンは強固に守られているため帝国の報復攻撃も恐れていないと告げた。ベオネルと彼の民はオルデラニアンの生存者と仲間になり、レアが反乱同盟に復帰した後、オルデランの新たな指導者を選ぶ選挙を開始した。[1]

個性と特徴

「ベオン・ベオネル。助かりました。けれど、どうして急に加勢して下さったの?」
「あのスピーチです。あれこそ私の目指す社会の姿だと思ったので」
―レイア・オーガナとベオン・ベオネル[出典]
Beonel witnesses Organas speech

レイアのスピーチを見守るベオネル

ベオン・ベオネルはオルダー=エスピリオンの男性で、は灰は黄色と緑で、赤い肌に黒い模様が入っていた。オルデラニアンの代表者との会合に臨んだ際、ベオネルはジョラ・アステインが混血種族に対して不快感を抱いているのではないかと気づいた。実際にアステインが混血種族への否定的感情を表明すると、ベオネルは例え少数派であってもそうした意見の持ち主がいるグループと交渉することはできないと断言し、会合を放棄した。[1]

しかしベオネルはレイア・オーガナがオルデラニアンの船隊に向けて行ったスピーチを聞き、平和と団結を呼びかけるレイアの言葉が、自分たちの社会が目指すべき姿と一致すると考え、彼女の戦いに力を貸すことに決めた。その後ベオネルは偏見を乗り越えて他のオルデラニアンたちと仲間になった。[1]

装備

オルデラニアンと対面した際、ベオネルは灰色と褐色のローブを身に着けていた。彼の衣装は、リル執政官をはじめとするエスピリオンの人々と同じ様式のつくりだった。[1]

制作の舞台裏

ベオン・ベオネルは2015年に発売された正史コミック・シリーズ『スター・ウォーズ:プリンセス・レイア』(マーク・ウェイド著、テリー・ドッドソン画)に登場するキャラクターである。ベオネルがレイアのスピーチを聞くコマでは、彼の目が誤って青と白に塗られている。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。