Fandom


ベルーガン(Belugan)はクリスタル惑星クォーザイトに住んでいた水生の知覚種族。4つに割れた口と、顔の両側のサーモン色のえらが特徴的だった。ベルーガンは独自の軍隊を持ち、同じ惑星に住むケイジ種族と対立していた。

社会と文化

ベルーガンは優れた技術と富を持っており、惑星クォーザイトの地下にサブトラムの交通網を張り巡らしていた。ベルーガンの兵士はブラスター・ピストルで武装し、独特なアーマーを着用した。ベルーガンは個体数でケイジ種族に劣っていたにも関わらず、惑星クォーザイトを支配していた。

歴史

クローン戦争中、ベルーガンのオチュア・ブランクがクォーザイトを統治していた。ブランクはケイジ種族のプルーマ・ソーディを家族から引き離し、無理やり結婚を迫った。ベルーガンの兵士を率いるリゴッソー少佐は、プルーマを領主の砦まで無事に届けるため、6人の賞金稼ぎを雇う。サブトラムに乗り込んだベルーガンの兵士はケイジ・ウォリアーの襲撃でほぼ壊滅したが、賞金稼ぎは花嫁を守り抜いた。しかし賞金稼ぎアサージ・ヴェントレスはプルーマの運命を哀れに思い、ブランク卿を欺いて賞金だけ騙し取った後、彼女を解放した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。