Fandom


「敵に囲まれました! 何とか振り切ろうと…こちらレッド5、救援を!」
―ペドリン・ゴールの最期の言葉[出典]

ペドリン・ゴール(Pedrin Gaul)は人間男性で、反乱同盟軍スターファイターパイロット候補生である。レッド中隊に所属し、“レッド5”のコールサインを与えられていた。彼はもともと輸送船パイロットだったが、銀河帝国に追われていた難民をデノンから逃がす手伝いをしたため、帝国から反逆者の烙印を押された。0 BBY当時、ゴールは衛星ヤヴィン4ベース・ワンに配属されていた。彼はスカリフの戦いT-65B Xウイング・スターファイターに乗り込んだが、軌道上の戦闘で撃墜され、戦する。彼の死後、反乱軍に加わって間もないルーク・スカイウォーカーがレッド5のコールサインを引き継ぎ、ヤヴィンの戦いで活躍した。

経歴

生い立ち

人間男性、ペドリン・ゴールは銀河内戦以前にインナー・リム惑星デノンに生まれた。帝国時代、彼は母星輸送船パイロットを務め、都市惑星デノンのスカイレーンで乗客や貨物を運んだ。しかし、ゴールの輸送船パイロットとしてのキャリアは、銀河帝国に追われている逃亡者のデノン脱出を手伝ったことで終わりを告げた。帝国の反逆者となってしまったゴールは、故郷を離れて共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)に加わった。[1]

反乱軍パイロット

同盟軍艦隊候補生となったゴールは、衛星ヤヴィン4グレート・テンプル基地を拠点とするマサッシ・グループに配属される。彼はレッド・リーダーガーヴェン・ドレイス隊長率いるレッド中隊の一員となり、“レッド5”のコールサインを与えられた。レッド中隊反乱軍パイロットたちは任務でT-65B Xウイング・スターファイターに搭乗した。[1] ゴールとレッド中隊隊員たちは、バンドウィン・コア大佐が作成したスケジュールに従い、惑星ヤヴィンゴーディアン・トレース・リレー間のパトロール飛行を任されていた。ゴールは同じく候補生であるハーブ・ビンリィレッド7)とともに、ノゾー・ネイタンレッド9)付き添いのもと、2つ目のシフト・サイクルを担当した。[4]

スカリフの戦い

「離れるな、レッド5。どこへ行くつもりだ?」
ガーヴェン・ドレイス[出典]
PedrinEnd

ゴールの最期

0 BBY[2]、ゴールはレッド中隊の仲間とともにスカリフの戦いに参加し、地上で戦うジン・アーソローグ・ワン分隊を支援すべく、シールド・ゲートの外で宇宙戦を繰り広げた。この作戦の目的は、スカリフ帝国安全管理施設に保管されている超兵器デス・スター設計図を奪取することだった。地上のローグ・ワンから設計図のデータを受けるためシールド・ゲートを破壊しようとした時、ゴールはXウイングを撃破され、命を落とす。しかしスカリフの戦いは同盟軍の戦略的勝利に終わり、設計図はプリンセスレイア・オーガナの手に渡った。[3]

ペドリン・ゴールの通算の戦績は、飛行時間952で、確認された敵機撃墜数は0だった。[5] レッド5のコールサインはゴールのによって空席となったが、スカリフの戦いの直後[3]ジェダイとしての修行を開始して間もない若きルーク・スカイウォーカーが反乱軍に加わり、新しいレッド5となった。[6] 科学者ゲイレン・アーソが遺した情報をもとに[3] デス・スターの弱点を突き止めた同盟軍は、ヤヴィンの戦いバトル・ステーションとの決戦に臨んだ。スカイウォーカーはこの戦いでデス・スターの破壊に成功し、スカリフで戦死したゴールたちの犠牲に報いた。[6]

個性と特徴

RedFive

ペドリン・ゴール

ペドリン・ゴールは人間の男性で、肌の色は白かった。スカリフの戦いで帝国軍のTIEファイターに取り囲まれた際、ゴールは取り乱して仲間に助けを求め[3]、撃墜された際に苦悶の叫び声を挙げた。[7] ベース・ワンでスターファイター・メンテナンスの主任を務めるネラ・ケイスは、ゴールは不器用だが熱心なパイロットだったと記憶していた。[5]

装備

レッド中隊のパイロットとしてスカリフの戦いに参加した時、ゴールは反乱同盟スターバードの赤い紋章が入ったコーンセイヤー・マニュファクチャリング社K-22995フライト・ヘルメット[1]、オレンジ色のフライト・スーツを着用した。[3]

制作の舞台裏

ペドリン・ゴールは2016年12月16日に公開されたギャレス・エドワーズ監督による映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。俳優はスタント・パフォーマーのデヴィッド・フォーマン。キャラクターの詳細な情報は映画と同日発売の設定資料集『スター・ウォーズ ローグ・ワン アルティメット・ビジュアル・ガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で明かされた。

登場エピソード

Gaul helmet

ペドリン・ゴールのフライト・ヘルメット

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。