ペリッキ(Pelikki)はミッド・リム惑星ナブーに生息した鳥類クリーチャーである。首都シードの水辺などでその姿を見ることができた。ペリッキはアヒルに近い動物で、大きな嘴と喉袋を備えていた。ベーシック言語では、攻撃に対して無防備な人や物を指して「座ったペリッキ」という表現が使われた。

生態と特徴

ペリッキはミッド・リム惑星ナブーに起源を持つ非知覚種族である。アヒルの近縁種であるペリッキは、大きな嘴、喉袋、大きな2本の、空を飛べる翼を備えていた。[2] ペリッキは灰緑[1] 茶色の羽毛を生やした。[2] 半水生のクリーチャーであるペリッキは頭部に3つの突起物を持ち、首は長く湾曲していた。[3]

習性

に生息するペリッキは、小型の水生クリーチャーを捕食した。彼らの長い嘴は獲物を捕まえるのに役立ち、喉袋は獲物を腹に収めるために大きく拡張させることができた。ペリッキはほとんど飼育されておらず[2]、突然の物音や動作に反応してすぐに逃げ出す習性があった。[1] しかしナブーの人間住民の一部は、娯楽のためにこのクリーチャーを飼育していた。[2]

歴史

ペリッキの群れ

ペリッキはアウター・リム・テリトリーとの境界線付近に位置するのどかな惑星[4]、ナブーを母星とする鳥類クリーチャーである。[2] ベーシック言語では、攻撃に対して無力な状況の人や物を指して「座ったペリッキ」という表現が使われることがあった。[5]

32 BBY[6]、ナブーがトレード・フェデレーションによる侵略を受けた時、ナブーの首都シード宮殿付近を流れるソルー川の河口をペリッキの群れが泳いでいた。ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンパダワンオビ=ワン・ケノービグンガンジャー・ジャー・ビンクスらが乗るトライバブル・ボンゴが水中から姿を現すと、ペリッキの群れは驚いて散り散りになった。[1]

登場エピソード

参考資料

ペリッキ

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。