Fandom


ペレオン級スター・デストロイヤー(Pellaeon-class Star Destroyer)は、フェル帝国宇宙艦隊のためにクワット・ドライブ・ヤード社が設計および製造した軍艦である。インペリアル・レムナントの指導者、ギラッド・ペレオン大提督にちなんで名づけられていた。

ペレオン級は、シス=帝国戦争や、その後の第二次帝国内戦で活躍した。

特徴

Scythefront

ペレオン級とサイス級の大きさ比較

ペレオン級スター・デストロイヤーは、かつての銀河帝国大提督ギラッド・ペレオンの名誉にちなんで名づけられていた。この戦艦は、クラシック様式のくさび形の船体をしていた。これは、ヴェネター級インペレーター級スター・デストロイヤーという、銀河共和国と銀河帝国がそれぞれ使用した艦のデザインとして有名だった。

この階級のデストロイヤーはしばしば司令船として使用され、エグゼクター級のようなスター・ドレッドノートや、インペリアル級のような以前のスター・デストロイヤーから、若干の構成部品を流用されていた。

攻撃および防衛システム

ペレオン級スター・デストロイヤーは銀河系でもっとも強力な軍艦の1隻であると考えられており、比べるもののない火器システムと、スターファイターの収容力で注目されていた。

ペレオン級のスマートな外形は、潜伏した敵から見た攻撃目標となる部分の面積を小さくしており、同時にシールド防衛を最適化していた。

ペレオン級の前方へ向けて傾斜した上部構造はまた、主要な砲台に、かつての世代のスター・デストロイヤーよりもさらに優れた、優勢な射撃ポイントを与えていた。

ペレオン級は、かつてのインペリアルII級スター・デストロイヤーよりもわずかに多くの武装を有していた。ペレオン級の銃器のいくつかは、旧銀河帝国が使用したXX-9ターボレーザー砲塔のものと似たデザインをしていた。ペレオン級はまた、ハイパースペースから宇宙船を引き寄せることが出来るインターディクション・フィールドを有していた。

収容

Pellaeon class hangar

ペレオン級の格納庫

ペレオン級スター・デストロイヤーにはシャトルやスターファイターが離着陸を行うことが出来るハンガー(格納庫)があった。プレデター級ファイターは、ハンガー・エリア内部の細い通路にあったラックに収納された。交通管制センターはメイン・ハンガーの開口部の両端の、エリアを見渡せる部分に位置していた。

ペレオン級の傾斜した側面は、この艦を同時期のインペリアル級よりも短い船体にしていたが、適度な量の着陸船や小型スターシップを輸送することが出来た。

推進システム

ペレオン級のリアクター・バルブは船体底部にあった。これがこの艦の主要な原子炉であるのか、副次的なものであるのかはわかっていない。

司令塔

ペレオン級には、中心にホログラフィック・プロジェクター・テーブルがある会議室が、少なくともひとつはあった。この艦のブリッジは、初期の軍艦のクラスと似たようなスタイルになっており、艦の指揮官がパノラマ式の窓から間の周辺環境を見ることが出来るデッキを、クルー・ピットが取り囲む形になっていた。

知られている戦艦

Legacy8

サイス級と戦うペレオン級

歴史

シス=帝国戦争より何千年も昔、シス帝国はペレオン級とよく似た主力艦大銀河戦争で使用していた。

Ossusacademy-destruction

オッサスジェダイ・アカデミーを破壊するペレオン級スター・デストロイヤーのターボレーザー

ペレオン級自体は、エンドアの戦いの100年以上後に軍務を開始し、この艦よりも小型だが速度は速いサイス級メイン・バトル・クルーザーなどの、力強い銀河同盟の軍艦と戦うことで注目された。

ダース・クレイトが率いるニュー・シス・オーダーに裏切られた後、いくつかのペレオン級は反乱に加わるか、亡命する皇帝ローン・フェルに付き従った。137 ABYの時点で、おおくのこの級のデストロイヤーがフェル皇帝の拠点である惑星バスティオンの軌道にとどまり、この星を防衛していた。

同じ年、ダース・ストライフはペレオン級スター・デストロイヤーを使い、オッサスジェダイの生き残りを捜索した。ストライフは兵士たちが手がかりなしで戻ってきた後もジェダイ・アカデミーに存在を感じたことから、ペレオン級にこの建物を破壊するよう命令した。

第二次帝国内戦のあいだ、いくつかのペレオン級は銀河同盟残存勢力の手に落ち、両面の船体外面にシンボルマークをつけられた。同様に、亡命帝国に忠誠を誓う一部のペレオン級スター・デストロイヤーは、帝国の紋章だけでなく、赤いマーキングによって特徴付けられていた。

登場エピソード

PellaeonStarDestroyerLegacyEraSeanCooke

ペレオン級艦とその護衛

  • Star Wars: Legacy 8: Allies
  • Star Wars: Legacy 6: Broken, Part 5 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 7: Broken, Part 6
  • [Star Wars: Legacy 13: Ready to Die
  • Star Wars: Legacy 16: Claws of the Dragon, Part 3
  • Star Wars: Legacy 17: Claws of the Dragon, Part 4
  • Star Wars: Legacy: Indomitable
  • Star Wars: Legacy 24: Loyalties, Part 2
  • Star Wars: Legacy 28: Vector, Part 9
  • Star Wars: Legacy 35: Storms, Part 2
  • Star Wars: Legacy 36: Renegade
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
  • Star Wars: Legacy 45: Monster, Part 3
  • Star Wars: Legacy 46: Monster, Part 4
  • Star Wars: Legacy 47: The Fate of Dac
  • Star Wars: Legacy: Extremes
  • Star Wars: Legacy—War 2
  • Star Wars: Legacy—War 3
  • Star Wars: Legacy—War 4
  • Star Wars: Legacy—War 5

参考資料

クワット社主力艦の階級
キャリアー
エスコート・キャリアー
アサルト・シップ
アクラメイターI級 · アクラメイターII級
コルベット
ブロードサイド級
エスコート/フリゲート
アウクシリア級 · アーデント級 · アークイテンス級
コロナ級 · ドラゴン級 · EF76ネビュロンB
エンフォーサー級 · KDY軽クルーザー · ランサー級
ルパス級 · メドスター級
ミュニフェックス級 · ネビュロンB2 · ペルタ級
スター・ガレオン級 · ゼビュロンB
クルーザー/スター・デストロイヤー
キャプター級 · グラディエイター級 · インペリアルI級
インペリアルII級 · インターディクター級 · 長距離型デストロイヤー
ペレオン級 · ストーム・フリート · テクター級
ヴェネター級 · ヴィクトリーI級 · ヴィクトリーII級
バトルクルーザー/スター・バトルクルーザー
インペリアル型 · プリーター級
プリーター・マークII級 · プロキュレーター級
ドレッドノート/スター・ドレッドノート
アーク・ハンマー · ベラター級ドレッドノート
エクリプス級 · エグゼクター級
マンデイターI級 · マンデイターII級 · マンデイターIII級
ソヴァリン級 · スーパー・スター・デストロイヤー・プロトタイプ · ヴェンジャンス級
[edit]
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。